連載
» 2014年11月14日 10時00分 UPDATE

電子コミック・プチレビュー:ドジなCAが放った起死回生の機内アナウンスとは?

今回取り上げる『CAとお呼びっ!』は、飛行機のキャビン・アテンダントが主人公。いつもドジをやらかしつつ、元気いっぱい、親しみの持てるキャラクターです。

[新崎幸夫,ハートコミックス]

 今回ご紹介する『CAとお呼びっ!』(花津ハナヨ)は、分類でいえば「業界モノ」ということになるのでしょうか。飛行機のCA=キャビン・アテンダントを題材にしたマンガです。2006年には、観月ありささん主演でテレビドラマ化されたので、そちらをご存じの方もいるかもしれません。

 主人公の山田紗依(やまだ さえ)は、CAになって2年目の契約社員。同僚からは「サエ」と呼ばれます。CAといえば高根の花……かと思いきや、サエの場合は、少々事情が異なる様子。いつもドジをやらかしつつ、薄給を嘆き、どこかにいいオトコはいないかとジタバタするといった具合で、何とも親しみのあるキャラクターです。

こちらが本作の主人公。元気いっぱいの登場です こちらが本作の主人公。元気いっぱいの登場です
入社してから43枚(!)の始末書を書いたとのこと。ちょっと多すぎ? 入社してから43枚(!)の始末書を書いたとのこと。うわっ……私の始末書、多すぎ……?

 見所の1つは、登場する女性達が「仕事」と「恋愛」を、どのようにとらえているかということ。例えば、ある小悪魔的な同僚は、多くの乗客に言い寄られながらも「エコノミークラスの男性は相手にしない」とバッサリ。また別の同僚である、先輩CAは「サエ、男なんてね、ちんちんよ!」との名言(迷言?)を放ち、男性に依存しない“自立した女”を目指しています。

「とりあえず一回ヤっとけばよかったじゃないですかー」CAたちの、こういう赤裸々なセリフが、本作の醍醐味(だいごみ)でもあります 「とりあえず一回ヤっとけばよかったじゃないですかー」CAたちの、こういう赤裸々なセリフが、本作の醍醐味(だいごみ)でもあります

 さて、そんな中、サエにピンチが訪れます。サエがフライト中に起こした数々の不手際が、何と総務部の抜き打ちチェックに引っかかってしまいました。担当者からは、「上に報告する」と宣言される状況。さらに追い打ちで、「最後のフライト、気を抜かないように」とまで言われ……サエは、これではクビが確定したと、すっかり気落ちしてしまいます。

 “最後のフライト”に、感傷的になるサエの前に、とどめをさすように、またもトラブルが発生します。機内で赤ちゃんが大声で泣きだし、乗客は皆イライラモードに。中には「早く泣きやませるか 何とかしてくれ!」と発言する客や、「おいっ、そこスッチー! 何つっ立ってんだよ!」と暴言を発する乗客まで現れる始末。

 そこでサエがとった行動とは……。

tnfighc004.jpg

 泣きたい時は、
 泣かせてあげても
 いいじゃないですか。

 大人でも泣きたい時はあります。
 まして赤ちゃんは
 泣くのが仕事なんです。

 こんな非常識な機内アナウンスをするとは、サエはどうなってしまうのか? やはり、CAをクビになってしまうのでしょうか。さらに言えば、素敵な彼氏を作るという夢はかなうのか? 興味はつきないところですが、続きを読みたい方は、ぜひ作品を手に取ってください。現在ハートコミックスなどで全4巻、基本無料にて読むことが可能です。

ハートコミックスのアプリはこちらから

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる