連載
» 2014年11月07日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ77冊目:リプレイ版でTRPGにハマる 『ルナル・サーガ・リプレイ』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はレイラからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 晩秋が迫るこの街に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 彼女の好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、書架にメイドがやってきます。

リプレイ版でTRPGにハマる 『ルナル・サーガ・リプレイ』

レイラ

今日は私がTRPGにハマるきっかけになった、思い出の1冊を紹介しようと思うの。


ミソノ

TRPG……。テーブルを囲んで話しながら遊ぶゲーム「テーブルトークRPG」のことですね。


レイラ

そうそう、「ドラクエ」とか「FF」とかのコンピュータゲームの前身的な存在になったゲームね。


ミソノ

ボードゲームもそうですけど、レイラさんは電源を必要としないクラシカルなゲームがお好きですよね。


レイラ

そういえばそうね。どちらも他のプレイヤーとテーブルを囲んで一緒に楽しめるところが好きなのかも。


ミソノ

わたしもTRPGをやったことがありますが、ひとくちにTRPGと言っても色々なシステムというかルールがありますよね。有名なところだと「ダンジョンズ&ドラゴンズ」とか、小説化やアニメ化をされて、ファンタジー好きの青少年に多大な影響を及ぼした「ロードス島戦記」も元々はTRPGだったんですよね。


レイラ

そうそう。その中でも私が大好きなのが、今回紹介する『ガープス・ルナル』なの。


『ルナル・サーガ・リプレイ 第2部 銀色の闇篇(上)』(友野詳とグループSNE 監修:安田均/角川スニーカー・G文庫) 『ルナル・サーガ・リプレイ 第2部 銀色の闇篇(上)』(友野詳とグループSNE 監修:安田均/角川スニーカー・G文庫)
『ルナル・サーガ・リプレイ 第2部 銀色の闇篇(下)』(友野詳とグループSNE 監修:安田均/角川スニーカー・G文庫) 『ルナル・サーガ・リプレイ 第2部 銀色の闇篇(下)』(友野詳とグループSNE 監修:安田均/角川スニーカー・G文庫)

ミソノ

これは、小説? と言えばいいのかしら……ちょっと独特な書かれ方をしていますね。なんだか演劇のト書き台本みたい。


レイラ

これはリプレイと呼ばれるもので、そのゲームを遊んでいる様子を簡単な状況説明を加えながら台詞を羅列するように書かれている、TRPGならではの文章スタイルなの。


ミソノ

会話形式で進んで行くから凄く読みやすい! お話がサクサク進む感じもあって、世界観に入りやすいです!


レイラ

実は、つい最近このリプレイを小説化したものが復刻版で再登場して、懐かしくてこのリプレイを本棚から出して久しぶりに読んでみたのよ。


ミソノ

小説版とリプレイがあるんですね。文章スタイルが変わると、雰囲気が違ったりするのかしら。


レイラ

リプレイは皆で遊んでいる様子を再現したものだから凄く楽しそうで自分もこのゲームで遊んでみたい! って思わせる魅力があるわ。

小説の方は遊んだ時の内容を物語として再現しているからシリアスな展開や登場人物達の微妙な心の動きを丁寧に描いていて、物語自体を楽しませてくれるの。


ミソノ

同じ文章表現でも好みに合わせて手に取れるのは嬉しいですねー。ところで、今回お薦めしてくれた本ですが、タイトルに第2部と書かれていますね。


レイラ

そう、でもこれが私が初めて読んだTRPGの本なの。


ミソノ

いきなり第2部から!? 第1部を読まなかったってことですか?



レイラ

ええ。初めは友人に貸してもらって読んだのだけど、第1部は他の子に貸していたとかで第2部を手渡されたのよねぇ。


ミソノ

途中からでも大丈夫でしたか?



レイラ

第2部はちょうど第1部に登場したキャラクターの1人が記憶を失って仲間とはぐれた所から始まってるので、意外と大丈夫だったわ。


ミソノ

第2部はそのキャラが記憶を取り戻す旅の物語なのですね。



レイラ

だからそのキャラクターの過去を知らずに読んでいたからこそ、ミステリー要素が多く感じられて当時はそれが凄く面白かったのよね。


ミソノ

あらまあ! それは楽しそうな体験ですねぇ。



レイラ

記憶喪失の子の過去やその世界をもっと知りたくて、第1部や関連書籍をちょっとずつ手に入れていって、気が付いたらどっぷりTRPGにハマっていたのよねぇ。懐かしいわ。


ミソノ

ルナルの世界はRPG界では王道の中世ファンタジーなんですね。



レイラ

人間の他にエルフやドワーフ、妖精のような種族がいて、亜人種の種類の豊富さには目をみはるものがあるわ。そして物語に深く関わってくる、この世界の神話が特に魅力的なのよね。


ミソノ

ギリシャ神話みたいにたくさん神様がいらっしゃるのだとか。



レイラ

この神様たちの設定がね、小一時間語れるほど萌え要素が多いのよ! ゲームのルールブックの方に書かれた詳しい解説は、本当に何度読んでも飽きないわ。

今回お薦めした本は既に絶版になってしまっているけれど、復刻版の小説(巻末に神様解説も載ってます)も面白いので機会があればぜひ読んでみて下さいね。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:59% レイラ:90% サヤ:84%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
レイラ レイラ:森育ちのツンデレ魔女。お休みの日には愛猫とお気に入りの紅茶でまったり読書。好きなジャンル:文化 ゲーム ファンタジー 魔女 雑学

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる