連載
» 2014年10月27日 17時00分 UPDATE

電子コミック・プチレビュー:普通じゃないっ! 戦闘人造人間・美少女の「恋」にクラクラする

担当者が独断と偏見で好みの作品をとりあげる連載がスタート。第1回は『人造人間カティサーク』を紹介します。

[新崎幸夫,ハートコミックス]

 数ある無料電子コミックの中から、担当者が独断と偏見で好みの作品をとりあげる「電子コミック・プチレビュー」、第1回は『人造人間カティサーク』を紹介します。

 まずは、物語の設定から。主人公は戦闘人造人間の、カティサークです。『戦闘』……と名がつくからには、戦う相手がいるわけですが、それが月曜夜7時に、決まって街を襲ってくる巨大人造人間「ブラックマンデー」。つまり、カティサークはブラックマンデーから市民を守る、正義の味方というわけ。ここまでは、よくある話かもしれません。

こちらが戦闘人造人間、カティサーク こちらが戦闘人造人間、カティサーク
笑うと可愛い、カティサーク。実は人間の言葉がしゃべれません 笑うと可愛い、カティサーク。実は人間の言葉がしゃべれません

 ただ普通じゃない! ところとしては、カティサークが1.きゃしゃで可愛らしいロボットであること。2.主人公の少年に恋をしていること。そして、3.その「恋」を物理的なエネルギーに変えて戦うことです。その出力(パワー)は∞(無限大)というのですから、大したものです。

 このマンガの特徴としては、とにかく切ない(!)シーンが随所にちりばめられていること。時折ピンチに陥りながら、逆転劇で敵を倒す、というバリバリの戦闘マンガでありながら、切ない恋愛マンガとしても読める……という、ちょっと変わった作品です。そもそもカティサークは、言葉がしゃべれないので、うまく想いを伝えられません。また、力が強すぎて上手に料理を作れなかったり、いろんな所にコンプレックスを持っています。それでも、愛する主人公の少年、そしてみんなを守るため、傷だらけになりながら戦い続けるのです。

 個人的にお気に入りの場面は、2巻の誕生日のエピソード。今日もカティサークの熾烈な戦いが始まります。メディアの放送から流れるのは、「今日の誕生日」のコーナー。敵の人造人間の襲撃があるとあって、メディアも少し感傷的なコメントをします。

 「今日誕生日を迎える皆様 おめでとうございます」

 「今日 私たちは死ぬかもしれません」

 「ですが最後の瞬間まで この世に生まれた喜びを胸に…」

 「生まれてきた意味を考えてください」

 戦うカティサーク。フラッシュバックする記憶。カティサークに話しかける友人の言葉。

 「自分がなんのために存在するのか それがわかった日を誕生日となさい」

tnfigcp003.jpg カティサークの戦闘はいつも、メディアに紹介され、市民によって注目されています
tnfigcp004.jpg 戦場で戦うカティサークの後ろ姿。か、かっこいい……!!

 カティサークの戦闘はどうなるのか、また彼女の恋の行方はどうなるのか? 全4巻の『人造人間カティサーク』、現在ハートコミックスなどで基本無料にて読むことが可能です。

ハートコミックスのアプリはこちらから

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる