連載
» 2014年10月17日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ74冊目:読めば本が、本屋が、人がもっと好きになる『重版出来!』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はサヤからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 嵐の合間にほっと青空を見上げるこの街に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 彼女の好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、書架にメイドがやってきます。

読めば本が、本屋が、人がもっと好きになる『重版出来!』

サヤ

ミソノさんはこの本のタイトル、読めますか?


『重版出来! 1』(松田奈緒子/小学館) 『重版出来! 1』(松田奈緒子/小学館)

ミソノ

「じゅうはんしゅったい」ですね


サヤ

さすがですねー。私はなんの疑問も持たずに「じゅうはんでき」と読んでいました。でも「しゅったい」ってなんだか響きがよくてかっこいいですよね。


ミソノ

「重版」は出版された本の在庫がなくなったから、もう1回印刷しましょうって意味の用語ね。「出来」は物事ができあがること。よく「重版かかってるそうなので、もう少ししたら入荷します」なんて使われるわねー。かかるってことは売れてるってことだから、嬉しいことね!


サヤ

そうですよね! 小説や漫画が書かれて、本になって、お店に並んで、私たちの手に届く。その間に関わったたくさんの人たちの努力によって、重版出来! となるわけです。『重版出来!』は、そうやって本を作り、届けるためにがんばる人たちの姿が描かれたマンガです。中でも一番印象に残っているエピソードは出版社の営業さんの話ですかねー。


ミソノ

出版モノでも本を作る人たちが描かれることは多いと思うけど、やっぱり編集さんのお話が多いかしら。営業さんとかの本を届ける人たちを描いたものはちょっと珍しいかも?


サヤ

確かにちょっと新鮮というか、あまり考えていなかったことに気付けたという感じがしました。どんなに面白い本でも、その本を手に取るきっかけがなければ私たちは読むことができないんですよね。だから手に取るきっかけをつくるために、営業さんや書店員さんががんばってくれているんだ、と。


ミソノ

そう! そうなのよね! 本を書く人がいて、作る人がいて、届ける人がいて……そうして読者の前にふと現れるのよねぇ!


サヤ

『重版出来!』の営業さんのエピソードは、まさにきっかけ作りのお話です。面白いのにきっかけがなくて売れていなかった漫画を売るため、試し読み冊子を作ったり、書店を回って書店員さんに棚を作ってもらったりと、どんどん「仕掛け」ていきます。

そしてその努力が実って漫画はヒット! 「なんで売れてるのかわからない」という人に対して、「『売れた』んじゃない。俺たちが――売ったんだよ!!!」と言うシーンはとってもかっこいいですよ!


ミソノ

さっぱりとした線の絵柄で、男性も女性もするりと読めそうなマンガですが、その熱さはコマの外まで伝わってきます。


サヤ

ほかにも本に関わるたくさんの人たちのエピソードあって、作者さんだけじゃなく編集者さんに印刷所の人に営業さんに書店員さんに、本当にたくさんの人の努力の上で私たちが本を読むことができるんだということを実感できました。私もミソノさんにきっかけをつくれたらいいですねー。


ミソノ

うふふ。実は今回の『重版出来!』もう読んだことのある本なんです。でもサヤちゃんの言葉でまた開いてみたくなりましたよー。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:52% レイラ:85% サヤ:84%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる