ニュース
» 2014年10月08日 11時10分 UPDATE

LINEマンガの海外展開、講談社・小学館など4社で新会社設立

LINE、メディアドゥ、講談社、小学館の4社で「LINE Book Distribution」を設立。年内に英語・中国語(繁体字)版のコミックを配信していく考え。

[西尾泰三,eBook USER]

 LINEが国内向けに展開する「LINEマンガ」の海外展開に向け、LINE、メディアドゥ、講談社、小学館の4社による合弁会社の発足が発表された。

 10月8日にメディアドゥから発表されたリリースによると、合弁会社の名は「LINE Book Distribution」。資本金は3億円(資本準備金含む)で、株主はLINE、メディアドゥ、講談社、小学館の4社。LINE連結子会社となる新会社の代表取締役にはLINE上級執行役員/CSMOの舛田淳氏が就く。

 2013年4月にLINEがサービスを開始した「LINEマンガ」は、全世界で4億人を超えるコミュニケーションサービス「LINE」のプラットフォームを生かしたコンテンツサービス。初期はコミックに特化しつつ、その後ライトノベルなど文字ものの配信、その後「LINE マンガ連載」なども開始し、現在では累計ダウンロード800万を超える巨大な電子コミックプラットフォームとなっている。

 今回の発表はアジアをはじめとし、グローバルでの大規模なユーザーベースを有する“場”にコンテンツを提供していくことで、日本からのコンテンツ流通を創り出す考え。

 実際のサービス開始は年内を予定しており、講談社、小学館をはじめ国内出版社・レーベルから提供を受けた作品を、まずは、英語・中国語(繁体字)版で配信していく考え。LINEマンガへのコンテンツ提供を2013年12月に開始しているKADOKAWAなどの動きも注目される。

 メディアドゥはコンテンツディストリビューション(取次提供)やコンテンツ配信システム「md-dc」の提供など、現在LINEマンガに提供している部分を引き続き手掛ける。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる