ニュース
» 2014年10月07日 15時04分 UPDATE

セイコーインスツル、電子辞書ビジネスからの撤退を発表

2015年3月末に撤退予定。理由として電子辞書市場の縮小や、スマートデバイスの普及などを挙げている。

[宮澤諒,eBook USER]

 セイコーインスツルは10月7日、2015年3月末に電子辞書ビジネスから撤退する意向を明らかにした。

 同社は1987年に電子辞書ビジネスを開始。1992年には、業界初となる英和・和英中辞典の文字情報を全て収録したフルコンテンツタイプの「TR700」を発売した。近年では、医療・学習・ビジネスなどニーズに合わせたコンテンツを収録した電子辞書を販売している。

 撤退の理由としてセイコーインスツルは、「電子辞書市場の縮小」「スマートデバイスの普及」などを挙げている。なお、製品の修理や、問い合わせ、コンテンツのダウンロードなどについては2015年4月以降も対応していく予定。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる