連載
» 2014年10月03日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ72冊目:大正時代の人も妖怪のせいにしてた!? 『大正期怪異妖怪記事資料集成』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はミソノからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 金木犀の匂いがどこからともなく漂う街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 彼女の好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、書架にメイドがやってきます。

大正時代の人も妖怪のせいにしてた!? 『大正期怪異妖怪記事資料集成』

ミソノ

レイラさん……今日はおすすめしたい本があるのだけれど、ここへ持ってこられなかったんですよー……。


レイラ

あら、とっても貴重でお外を持って歩けないとか?


ミソノ

貴重な本には変わりないのですが、今年発売されたばかりなので、本屋さんでも入手できます。ただ、ひたすらに重く、持ち歩くのが困難なのです! およそ31センチ×25センチの大きさにして、総ページ数2500ページ! 厚み約7.8センチ! 重いです……。大きな猫を抱えたようなずっしり感がありますよ……。そこに大正時代の新聞に掲載された怪異に関する記事をひたすらに収集しているんです。


レイラ

ひとくちに怪異と言っても、妖怪とか、幽霊とかいろんなジャンルがありますけど、どういったものなの? 


『大正期怪異妖怪記事資料集成 上巻』(湯本豪一/国書刊行会) 『大正期怪異妖怪記事資料集成 上巻』(湯本豪一/国書刊行会)
『大正期怪異妖怪記事資料集成 下巻』(湯本豪一/国書刊行会) 『大正期怪異妖怪記事資料集成 下巻』(湯本豪一/国書刊行会)

ミソノ

この本では「獣(狐や狸、猫など)」「妖(妖怪の事件)」「幽(幽霊がその姿を現した事件)」などジャンル分けをしてマークが付けられているのですが、それにしても多彩ですよー! ページをめくれば「天狗に連れ去られた子どもを発見」「心霊写真を掲載!」「人魚現る」など、今となっては「これが新聞記事に!?」と驚きの記事が次から次へと出てきます。


レイラ

けっこう娯楽要素もあるのかしら。


ミソノ

当時の社会では新聞は重要な情報伝達手段だったでしょうから、そういう面も大いにあるようです。その辺りの当時の怪異記事の受け止め方など、編者の方が解説が添えられているので、あわせて読むとすんなりと当時の空気感に入って行ける気がします。

怪談の連載も収集されている辺り、「怖い話を楽しむ」といった気持ちを感じますが、でも、この「天狗が子どもを連れ去った」とか、短い記事のそっけなさからむしろリアル感も伝わってきたり……。事件性のあるものから娯楽的なものまでおしなべてずらーっと並んでいるのは壮観です。

例えば、大正8年1月21日の北國新聞の記事『天龍和尚雨乞いの龍』では、蔵から聞こえる異音に村人一同おびえていたら、なんと蔵の中で掛け軸を発見! 不思議な掛け軸は、雨乞いに効き目があるという伝説をもった掛け軸であった! なんて興味深いです。


レイラ

雨乞いの龍って名前もなかなかドラマチックね。


ミソノ

大正8年1月25日の北國新聞には続報が載ってるんですよ。

「本紙で『天龍和尚雨乞いの龍』を紹介したら、『その龍の軸物なら我が家にも伝われり』と本社に持参する人4人あり」!

大反響ですよ!

そのほか、掛け軸ネタなら大正9年6月27日の『婆さんが質入れして今だ取りに来ぬ 気味の悪い幽霊の掛け軸』もなかなかの味わいなんです。しかもこの記事も北國新聞! 北國新聞さんは掛け軸ネタが十八番かしら……。


レイラ

妖怪から伝説までごった煮ね……!


ミソノ

そうなんです。このさまざまなものが入り乱れる感じ! 怪異ものの小説やマンガが書きたいなどの創作をする人は、これをぱらぱらめくるだけでネタが拾えるんじゃないかしら。


レイラ

妖怪もののTRPGのシナリオのエピソードにも使えるかしら?


ミソノ

そういう小話収集には持ってこいです。この本は、当時の新聞記事をコピーした形で載っているので、添えられていた図版や写真も見ることができ、視覚的にも参考になります。


レイラ

大正時代の活字なら、さらりと読めるかしら。


ミソノ

大正時代ともなると文体も現代に近いですし、読み解くのにストレスはありません。やはり原版の状態によって、紙面がかすれていたりすることもあるのですが、どの部分が太文字になって強調されているかなど、その当時の盛り上がりが伝わってきます。


レイラ

この本の前には『明治期怪異妖怪記事資料集成』も出ているのね。さかのぼるのも楽しそう。


ミソノ

大きめの図書館は所蔵しているところも多いみたいです。今度、良かったら大きな図書館に閲覧しに行きましょうよー。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:52% レイラ:80% サヤ:81%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
レイラ レイラ:森育ちのツンデレ魔女。お休みの日には愛猫とお気に入りの紅茶でまったり読書。好きなジャンル:文化 ゲーム ファンタジー 魔女 雑学

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる