ニュース
» 2014年10月02日 15時12分 UPDATE

DNP、圧力でインキが発光する「応力発光印刷」を世界で初めて実用化

切る、折り曲げる、引っかくなど圧力をかけることでインキが発光する。紙の新たな価値訴求につながるか。

[eBook USER]

 大日本印刷(DNP)は10月2日、切る、折り曲げる、引っかくなどの圧力がかかるとインキが発光する印刷技術「応力発光印刷」を実用化したと発表。10月中に量産を開始する。

ミシン目を切った時の様子 ミシン目を切った時の様子
応力発光印刷 応力発光印刷

 圧力発行体は、圧力がかかったときだけ発光して元に戻せば消えるという特徴や、太陽光・蛍光灯などを照射した後に暗い場所でしばらく残光が生じる燐光性を備えている。

 印刷色は無色で耐水性や紙への加工適性もあり、コストは通常の印刷1色分に対して10%増程度となる予定。今後はチケットの偽造防止や商業印刷物、雑誌付録などへの活用、機械による真贋判定や判定機の開発を進めるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる