ニュース
» 2014年09月29日 13時00分 UPDATE

泉鏡花文学賞が決定、3年ぶりのW受賞

受賞作は中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』、小池昌代さんの『たまもの』の2作品。

[宮澤諒,eBook USER]

 金沢市が主催する「泉鏡花文学賞」の第42回受賞作が決定。受賞作には、中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』、小池昌代さんの『たまもの』に2作品が選出された。同時受賞は第39回以来3年ぶり。

『妻が椎茸だったころ』(中島京子/講談社) 『妻が椎茸だったころ』(中島京子/講談社)
『たまもの』(小池昌代/講談社) 『たまもの』(小池昌代/講談社)

 同賞は1973年に創設された文学賞。金沢の生まれで、近代日本の文芸に偉大な貢献をなした泉鏡花の功績をたたえるとともに、文芸を通じ豊かな地域文化の開花を期待して創設された。各年度で、新たに単行本として刊行された文芸作品が対象。

 過去には、筒井康隆さんの『虚人たち』(第9回)、丸谷才一さんの『輝く日の宮』(第31回)、横尾忠則さんの『ぶるうらんど』(第36回)、角田光代さんの『かなたの子』(第40回)などが受賞している。

 授賞式は10月26日に、金沢市民芸術村で。中島さんと小池さんにはそれぞれ賞金100万円が贈られる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる