ニュース
» 2014年09月26日 19時43分 UPDATE

大友克洋デザインの陶板レリーフ 仙台空港に設置へ

仙台空港のターミナルビル1階国際線ロビーに、宮城県登米市出身の漫画家・大友克洋が原画を描き下ろした陶板レリーフ作品が登場する。完成は2015年3月を予定。

[eBook USER]

 日本交通文化協会は9月26日、宮城県登米市出身の漫画家・大友克洋さんが原画を描き下ろしたパブリックアート作品を制作すると発表した。

大友克洋さんによる陶板レリーフ原画 大友克洋さんによる陶板レリーフ原画
制作の様子 制作の様子

 同協会は、全国の駅・空港などのパブリックスペースに向けたアート作品の制作・設置事業を推進している。今回は日本宝くじ協会の「社会貢献広報事業」の助成と仙台空港ビル協力の下、仙台空港のターミナルビル1階国際線ロビーに陶板レリーフ作品を設置する。

 作品デザインは、風神・雷神を従えた架空の「童子」が、希望ある未来に向けて自然の力を乗り超えていく姿をイメージしている。レリーフの幅は約8.7メートル、高さは約2.8メートルで、完成時期は2015年3月を予定している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる