ニュース
» 2014年09月22日 16時00分 UPDATE

第2回「ジャンプ次世代マンガ賞」が決定、受賞作はWebやアプリで配信

「ジャンプLIVE」と「となりのヤングジャンプ」が主催するマンガ賞「ジャンプ次世代マンガ賞」の第2回受賞作が決定した。

[宮澤諒,eBook USER]
ジャンプ次世代マンガ賞(画像出典:ジャンプ次世代マンガ賞Webサイトより) ジャンプ次世代マンガ賞(画像出典:ジャンプ次世代マンガ賞Webサイトより)

 集英社は9月22日、第2回「ジャンプ次世代マンガ賞」の受賞作を発表。佳作には『キッカケはプラネタリウム』(ハシモトスズ)、『峰翔高校の青春』(ピガシモト)の2作品が、最終候補には『ヒューマンヘイト』(ひよこちゃんアヒルンバ!)、『漫画』(saiteinoningen)の2作品が選出された。

rmfig173-6.jpgrmfig173-7.jpg 画像左=『キッカケはプラネタリウム』(ハシモトスズ)、画像右=『峰翔高校の青春』(ピガシモト)(画像出典:ジャンプ次世代マンガ賞Webサイトより)
rmfig173-8.jpgrmfig173-9.jpg 画像左=『ヒューマンヘイト』(ひよこちゃんアヒルンバ!)、画像右=『漫画』(saiteinoningen)(画像出典:ジャンプ次世代マンガ賞Webサイトより)

 同賞は、マンガアプリ「ジャンプLIVE」とWebコミックサイト「となりのヤングジャンプ」が主催するマンガ賞。募集ジャンルはマンガだけにとどまらず、アニメや小説、歌やダンスなども対象となっている。

 審査員を務めたのは、『新テニスの王子様』の許斐剛さん、『ローゼンメイデン』のPEACH-PITさん、『ワンパンマン』原作者のONEさん、『週刊少年ジャンプ』兼「少年ジャンプ+」編集長の瓶子吉久さん、『週刊ヤングジャンプ』兼「となりのヤングジャンプ」編集長の嶋智之さんの5人。

 佳作2作品には「少年ジャンプ+」または「となりのヤングジャンプ」での連載が、最終候補2作品には掲載が約束される。そのほか、ニコニコ特別賞に選出された『るしふーいんふぇるの』(星野蒼一朗)には、賞金として10万円が贈られる。

 なお、ジャンプLIVEアプリは9月22日の少年ジャンプ+アプリのリリースにともないサービスを停止。第1回では受賞作をジャンプLIVEに掲載していたが、今後は少年ジャンプ+への掲載となる。また、第1回の受賞作品の少年ジャンプ+への再掲載は行わないとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる