ニュース
» 2014年09月22日 12時30分 UPDATE

欧州司法裁判所、図書館による著作者の同意なしの蔵書デジタル化を認める裁定

図書館内利用に限られるが、EU圏では図書館が著作者の同意なしの蔵書デジタル化を行えるようになる。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigeu001.jpg

 欧州司法裁判所は9月11日(現地時間)、図書館が著作者の同意なしに蔵書をデジタル化し、専用端末で図書館利用者に提供できるという裁定を下した。この決定は、EU(欧州連合)著作権指令における例外に基いている。この指令には、図書館は「研究あるいは民間調査のために、専用端末」で資料を提供できると明記されている。

 EU著作権指令の下では、著作者は自身の作品の複製と伝達を許可あるいは拒否する独占権を保有する。だが、同指令はその権利に例外あるいは制限も認めている。

 裁判所は「蔵書を専用端末で伝達できるという図書館の権利は、蔵書をデジタル化できるという付随的権利を伴わなければ無意味になる危険がある」としている。

 これは、調べ物をしたい図書館利用者にとって朗報だ。だが、図書館は利用者が専用端末から作品をプリントアウトしたり、USBメモリにコピーすることは許可できない。そうした行為は図書館自身ではなく、図書館利用者個人が行うことであり、指令の例外には該当しないからだ。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる