ニュース
» 2014年09月16日 11時18分 UPDATE

国産ホビーパソコン30年の歴史を振り返る『ホビーパソコン興亡史』 9月26日に発売

組み立て式マイコンキット「TK-80」が発売した1986年から、2003年に「PC‐9801シリーズ」が出荷終了となる約30年をまとめた1冊。代表的なパソコンシリーズの系図とスペック表も掲載している。

[eBook USER]
『ホビーパソコン興亡史 国産パソコンシェア争奪30年の歴史』(前田尋之/オークラ出版) 『ホビーパソコン興亡史 国産パソコンシェア争奪30年の歴史』(前田尋之/オークラ出版)

 オークラ出版は9月26日、『ホビーパソコン興亡史 国産パソコンシェア争奪30年の歴史』(前田尋之)を発売する。価格は1500円(税別)。

 同書は、組み立て式マイコンキット「TK-80」が発売となった1976年から、「PC‐9801シリーズ」が出荷終了となる2003年の約30年間に登場したさまざまなホビーパソコンをまとめたもの。

 ぴゅう太からMSX、X68000まで名だたるホビーパソコンを集め、各社の戦略や結末についての歴史のほか、80年代前半の電機メーカー系PCや海外勢も紹介。代表的なパソコンシリーズの系図とスペック表も掲載している。

第1章:パソコンのご先祖様 TK-80

第2章:NEC・シャープ・富士通 パソコン御三家の台頭

第3章:玩具メーカーが参戦 ホビーパソコンの覇権争い

第4章:パソコンの統一規格への野望「MSX」

第5章:バブルを飾った華やかりし8ビットホビーパソコンたち

第6章:時代は16ビット。新たなフィールドへ

第7章:DOS/V、Windowsの登場 国産パソコンの終焉

ホビーパソコン年表


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる