ニュース
» 2014年09月03日 12時52分 UPDATE

Bunkamuraドゥマゴ文学賞に山浦玄嗣『ナツェラットの男』

Bunkamuraドゥマゴ文学賞はパリで創設された「ドゥマゴ文学賞」を受け継ぎ、1990年に創設された東急文化村主催の文学賞。受賞した山浦玄嗣さんは、医師・言語学者・詩人など多彩な顔を持つ。

[宮澤諒,eBook USER]
『ナツェラットの男』(山浦玄嗣/ぷねうま舎) 『ナツェラットの男』(山浦玄嗣/ぷねうま舎)

 9月3日、東急文化村主催の文学賞「第24回Bunkamuraドゥマゴ文学賞」の選考結果が発表され、受賞作に、山浦玄嗣さんの『ナツェラットの男』が選ばれた。

 同賞は、1933年にパリで創設された「ドゥマゴ文学賞」を受け継ぎ、1990年に創設。前年7月1日〜当年7月31日に発表された日本語の文学作品が対象となっている。選考は毎年1人で行われ、第24回では詩人の伊藤比呂美さんが選考委員を務めた。第25回では、写真家・作家の藤原新也さんが務める。

 山浦さんには正賞として賞状とスイス・ゼニス社製時計、副賞として100万円が贈呈され、希望すればパリ・ドゥマゴ文学賞の受賞式に出席することもできる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる