ニュース
» 2014年08月27日 18時14分 UPDATE

第2回「野村胡堂文学賞」に塚本青史『サテライト三国志』、特別賞は俳優・高橋英樹が受賞

日本作家クラブの初代会長を務めた作家・野村胡堂を顕彰するために創設。商業出版された時代小説や歴史小説が対象となっている。

[宮澤諒,eBook USER]

 8月27日、日本作家クラブが主催する第2回「野村胡堂文学賞」の選考会が行われた。受賞作は塚本青史さんの『サテライト三国志』上下巻、特別賞には高橋英樹さんの『高橋英樹のおもしろ日本史』が選ばれた。

『サテライト三国志』(日経BP)上巻 『サテライト三国志』(日経BP)上巻
『サテライト三国志』(日経BP)下巻 『サテライト三国志』(日経BP)下巻
『高橋英樹のおもしろ日本史』(ベストセラーズ) 『高橋英樹のおもしろ日本史』(ベストセラーズ)

 同賞は、日本作家クラブの前身となる「捕物作家クラブ」を創設し、日本作家クラブの初代会長も務めた作家・野村胡堂を顕彰するために創設された文学賞。

 対象となるのは、商業出版された時代小説や歴史小説で、毎年度、前年の4月1日から当該年度の3月末日までに出版された作品。第1回では、小中陽太郎さんの『飛べよ源内』が受賞している。

 賞金は各30万円。授賞式は10月30日、東京・千代田区の神田明神で行われる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる