ニュース
» 2014年08月27日 17時30分 UPDATE

DNP&DMCが「デジタルえほんパッケージサービス」を開始――商業施設などへの導入を支援

デジタルえほんを閲覧できるタブレットの提供をはじめ、子どもが楽しめる空間作りやイベント開催をサポートする。

[eBook USER]

 大日本印刷(DPN)とDNPメディアクリエイト(DMC)は8月27日、「デジタルえほんパッケージサービス」を開始した。

「デジタルえほん」選択画面 「デジタルえほん」選択画面
デジタルえほんミュージアム デジタルえほんミュージアム

 同サービスでは、子どもを連れたユーザーの来店促進を目的とし、キッズスペースのある商業施設や自動車販売店、子ども向けサービス事業者などの「デジタルえほん」導入を支援。閲覧用のタブレットをレンタル・販売するほか、子どもが楽しめる空間作りやイベント企画・運営などを提供する。企業独自の画面デザイン制作や選択画面でのロゴ入れにも対応している。

 デジタルえほんは「おはなし」「ゆびあそび」「やってみよう」「かんがえてみよう」の4種類に分類されており、10または20コンテンツをパッケージ化している。オプションで希望の組み合わせを選ぶことも可能。参考価格は、10コンテンツ搭載のタブレット3台を2週間レンタルする場合で60万円からとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる