連載
» 2014年08月22日 11時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ66冊目:毒々しく美しい、「娘」が「女」になる様を描いた傑作短編『刺青』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はサヤからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 ツクツクホウシの鳴く声に晩夏の近づきを感じるこの街に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 彼女の好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、書架にメイドがやってきます。

毒々しく美しい、「娘」が「女」になる様を描いた傑作短編『刺青』

サヤ

この本はもう私がおすすめするまでもないと思うんですが……。


『刺青・秘密』(谷崎潤一郎/新潮社) 『刺青・秘密』(谷崎潤一郎/新潮社)

ミソノ

谷崎潤一郎さんの『刺青』。有名な作品ね。


サヤ

そう、谷崎潤一郎の『刺青』! たった10ページと少しの作品なのに、強烈に印象に残っています。毒々しいほど鮮やかで美しい花が咲く様を見せつけられたようで、忘れられません。


ミソノ

確か谷崎さん、これがデビュー作でしたよね。彫り物をする若者と、美しき娘の物語……。


サヤ

刺青によって、「娘」が「女」へと変身を遂(と)げるのが本当にドラマティックですよね。背中に彫られた女郎蜘蛛の刺青が完成することによって「女」が目覚める。女郎蜘蛛のメスって鮮やかで美しく(私にはそうとは思えませんが……)オスよりずっと大きいんですよ。しかもオスのことを食べてしまうこともあるんだとか。『刺青』の「娘」も女郎蜘蛛のように美しく、男を食い物にしてしまうような「女」になるんですね。


ミソノ

この主人公くんは、絡めとられるのを望んでる節があるわよねぇ。


サヤ

刺青師・清吉の年来の宿願は「光輝ある美女の肌を得て、それへ己れの魂を刺り込む事」でしたが、自分の魂を彫り込むことで男を食い物にしてしまうような「女」を作りたい、その「女」に食われて肥やしになりたいというのが清吉の願いだったんでしょうね。最初は男が肌に針を刺されて苦しむ様子を見て快楽を覚えるなんて、清吉はとんだサディストだなーと思っていました。でも「娘」の背に刺青を彫って、自分で自分の上に君臨するご主人様の「女」を作ってしまうなんて、清吉は究極のマゾヒストですね。


ミソノ

さっきから「女」とか「娘」とかずいぶん強調してるけど、違いがあるの?


サヤ

そうなんです! いいことに気付いてくれました! 『刺青』では「娘」と「女」がきれいに使い分けられているんですよ。「娘」はただ単に刺青を入れられる人の3人称として、「女」は女郎蜘蛛のように男性の上に君臨する美女という意味を持って使われています。刺青が完成に近づくにつれて、というよりは「娘」の意識が「女」のものへと変わっていくに従って、表現も「娘」から「女」に変わっていくんですよ。


ミソノ

文体の端々にまで、神経が行き届いている美しさを感じるわね……。


サヤ

清吉は駕籠(かご)からのぞいた足だけで「女」を見初めます。それはたぶん「娘」の中にある「女」の素質が無意識のうちに出ていたからではないでしょうか。だから足だけで「娘」の素質を見抜いた。足って頭、意識から一番遠いですからね。


ミソノ

本能が爪先に滲(にじ)んでいたのかしら……うーん、色っぽいわ!


サヤ

『刺青』は、さっと読んでもドラマティックで面白いし、じっくり細かい部分を読んでも巧みで面白い。さすがは文豪・谷崎だなぁと感心しきりです。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:38% レイラ:73% サヤ:76%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる