ニュース
» 2014年08月19日 17時00分 UPDATE

Koboの新端末とみられる「Kobo aura H2O」 H2Oはやっぱり防水?

ワコムのデジタルペン対応にも期待したい。

[西尾泰三,eBook USER]
tnfigkoboh2o.jpg

 FCC(連邦通信委員会)に申請された資料から、Koboがリリースしようとしている新端末の姿が浮かび上がってきた。

 これを申請しているのは、台湾のNetronix。Koboなどの端末のODMを手掛けるベンダーだ。同社は先日、ワコムのデジタルペンに対応した電子ペーパー端末のプロトタイプを披露している。

 FCCに提出された資料から分かるのは、ディスプレイサイズが6.8インチ、画面解像度は1080×1440ピクセルの電子書籍リーダー端末であること。microSDカードスロットが用意されていることなども分かる。これらの仕様は、「kobo Aura HD」(日本未発売)とほぼ同じものだ。

 ラベルの指定に関する資料には「kobo aura H2O」の文字列が確認できる。素直に考えれば水に関連した、防水仕様なのではないかと予想される。防水の電子書籍リーダー端末と言えば、Pocketbookが2014年3月にリリースした「Pocketbook Aqua」が現在唯一の製品。Pocketbook Aquaは、防水・防塵規格のIP57を取得している。

 ここ数年の傾向では、各社が新モデルを発表するのは9月。Kobo aura H20も間もなく正式に発表されるとみられる。直近ではフロントライトの搭載がトレンドだったが、今年は防水がトレンドとなるのだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる