ニュース
» 2014年07月01日 19時00分 UPDATE

ボイジャーの電子出版サービス「Romancer」正式リリース、作家の電子書籍制作をサポート

Romancerで作成した作家・池澤夏樹の著書『クジラが見る夢』と『静かな大地』の配信も開始した。

[宮澤諒,eBook USER]

 ボイジャーは7月1日、「池澤夏樹×ボイジャー 電子出版プロジェクト」に関する記者発表会を開催。同社の提供する電子出版サービス「Romancer」の正式版リリースと、Romancerで作成した作家・池澤夏樹さんの著書『クジラが見る夢』と『静かな大地』の配信開始を発表した(ボイジャーの電子書店『BinB store』で7月1日から先行発売。他の電子書店では7月10日発売予定)。

rmfig099-3.jpg Romancer 作成画面

 Romancerは、Wordやテキスト、PDFなどのデータ、あるいはRomancer上のビジュアルエディタで入力したものからEPUB 3データを生成し、Romancer上に公開できるWebサービス(EPUBデータのダウンロードも可能)。

 EPUB 3に変換できる無料のサービスとしては、例えばJEPA電子出版アワード2013の大賞を受賞した「でんでんコンバーター」などがある。Romancerはボイジャーのブラウザビューワ「BinB」を組み込み、PublishしたものをRomancer上で公開できるほか、執筆や販売といった出版プロセスを広くサポートしたプラットフォームのように機能している。

 出版に必要となる基本的な機能は無料で利用できるが、有料で編集や校正、公開後の販売などのサポート、オンデマンド印刷、Google Analyticsコードの埋め込みなどが行える。

Romancerのリリースによって船出を迎えたボイジャー

rmfig099-1.jpg ボイジャー代表取締役社長・鎌田純子さん

 「ようやく出版社として船を漕ぎだせる」――ボイジャーの代表取締役社長・鎌田純子さんは、今の気持ちをそう語る。

 ボイジャーが現在提供しているサービスは、「azur(アジュール)」という青空文庫用の縦書きブラウザや、上述したブラウザビューワBinBなど、どちらかといえば読み手の読書環境を整備しようとするものが中心だが、今回、Romancerという書き手側をサポートするためのサービスをリリースしたことで、読み手・書き手どちらにもサービスを提供する体制が整ったことになる。


rmfig099-2.jpg 作家・池澤夏樹さん

 また、『クジラの見る夢』『静かな大地』の作者・池澤夏樹さんも登壇。今回Romancerを使い、作品の配信を開始した池澤さんは、今まで電子化の話をすべて断ってきたというが、こうして電子書籍の配信を行った理由を「ボイジャーはコストや印税率などについて、明確なモデルを提示してくれたため」と語る。配信作品は、池澤さんの作品の著作権管理や企画・編集を行うイクスタンとボイジャーの協力により制作され(レーベル名は「impala-ebooks」)、2015年7月までに34作品の配信を予定している。


 ボイジャーは今後もRomancerなどのサービスを通じてインディーズを含めた多くの作家と連携し、活動を支援する出版社を目指していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる