ニュース
» 2014年05月26日 17時30分 UPDATE

図書館での電子書籍貸出にまつわる課題

図書館での電子書籍貸し出し。図書館が支払うコストとユーザーの電子書籍に対するマインドセットはうまくバランスさせられるか。海外事例から。

[Mercy Pilkington,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

 正しい方向へ一歩前進するたびに、新たな問題の火種が生じる公共図書館での電子書籍貸出。かなり昔に提案されたソリューションとともに、著者や出版社の利益保護をめぐる最初の議論が行われてから数年が経過したが、電子書籍の貸し出しを行うことは、公共図書館を苦しめているようにすら感じられる。

tnfig610.jpg

 新刊本を電子書籍で借りるために利用者が図書館を訪れる必要のある英国での調査を目的とした最近のパイロットプログラムと、図書館向け電子書籍価格が数百%の暴騰を起こしているというリポートを考えると、どうしても図書館が攻撃を受けているように感じてしまう。しかしここで考えたいのは、無関心な行政や予算削減といった話ではなく、出版社自体だ。

 出版社に図書館向け電子書籍を一般消費者向け電子書籍と同程度の価格で提供するよう求める法案がメリーランド州とコネチカット州で提案されたのが2013年のこと。現状、図書館向け電子書籍の価格設定は、図書館が電子書籍貸出を完全にサポートするのがほとんど不可能なほど高額となっている。

 コネチカット州ダグラス郡図書館システムによる電子書籍価格に関する最近のリポートによると、一般消費者向けには10ドル弱で提供されている電子書籍の価格が、図書館向けではほぼ50ドルになるという。これに加え、図書館は単に電子ファイルを使用する権利を許諾されているだけで実際には本を所有しない事実が、図書館側のためらいとなっている。

 残念ながら、これらの法案は前進しておらず、幾つかの報告では、American Library Association(ALA:アメリカ図書館協会)はメリーランド州の法案に反対したという。

 図書館が直面する問題の一部は利用者にも由来している。一般的な消費者のデジタルマインドセットでは、電子書籍が貸し出しされるのを待つのが無意味に感じられるようだ。紙書籍を借りるのに、借り出しリストに喜んで自分の名前を書き入れるのと同じ人々が、自分のデバイスに電子書籍をダウンロードするのを待つことには不平を言う。

 幸いにも、電子書籍の借用(書籍を読了せずとも、あるいは読まずとも、電子書籍を借用する機能)は、クリックスルーやほかの書籍の購入増加につながっており、出版社に利益をもたらすことが研究では示されている。理想的には、それが図書館向け電子書籍価格を人為的に吊り上げておくための出版社の論拠の背後になければよいのだが。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる