連載
» 2014年05月23日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ53冊目:お茶の素晴らしさを再発見『茶柱倶楽部』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はレイラからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 彼女の好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、書架にメイドがやってきます。

お茶の素晴らしさを再発見『茶柱倶楽部』

レイラ

夏も近づく八十八夜♪


ミソノ

野にも山にも若葉が茂る♪


レイラ

と、いうことで新茶の季節ですよ、ミソノさん! 今日は美味しい緑茶が飲みたくなる、日本茶漫画をご紹介します。


『茶柱倶楽部』(青木幸子/芳文社) 『茶柱倶楽部』(青木幸子/芳文社)

ミソノ

日本茶をテーマにした漫画ですか? どんな内容なのでしょう。


レイラ

静岡の茶農園育ちの主人公が全国を旅しながら移動茶店を開いて、各地のお茶を紹介しながら様々な人たちと出会うお話です。


ミソノ

移動茶店? ああ! ちょっと大きな車を改造して作られた屋台のことなんですね。


レイラ

はい、その屋台で日本茶とお茶菓子を出してお客様に振る舞うんです。お客様は兄弟喧嘩中の酒屋さんだったり、探偵さんだったり、進路と恋に悩む女子高生だったり、将棋のプロ棋士を目指す中学生だったり、日本生まれの外国人アーティストだったりと、とっても個性豊か。


ミソノ

その上、お茶も各地のものを紹介しているなんて、旅先での出会いにわくわくします。確かに「宇治茶」や「狭山茶」など、地名のついたお茶の名前も良く聞きますが、日本茶って地域によってそんなに味が違うんでしょうか。


レイラ

そうみたいです。私は静岡茶至上主義なところがあって、今まで日本茶は他の地域のものをほとんどいただいてなかったのですが、この本を読んでいろいろ試してみたくなりましたねー。


ミソノ

ふむふむ、茨城の奥久慈茶は「香り高く旨みの強い若草色のお茶」で滋賀の朝宮茶は「丸みのある爽やかな渋みのお茶」……。

お茶ごとの入れ方も書いてあって、これは確かに飲んでみたくなりますね。


レイラ

これからの熱い時期にピッタリの冷茶や水出しのお茶の作り方、香ばしいほうじ茶の作り方などもあって、すごく充実した内容になっています。


ミソノ

あ、この「ただ喉が渇いたから飲むだけではなく、お茶をいれる時間を作ることで心を切り替えて、体に休息の時間を作る」っていう考え方、いいですね。


レイラ

急須でいれたお茶って、すごくホッとしますよね。ちょっと手間ですけれど、この本で言われているようにお茶をゆっくり飲む時間を作るって大切なことなんだなぁって思いました。

それから、だれかに美味しいお茶をいれてもらえる幸せや、だれかにいれて美味しいって言ってもらえる喜びを再発見させてもらいました。


ミソノ

お茶好きの方にはもちろん、そうでない方にもぜひ読んでいただけるといいですね。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:24% レイラ:54% サヤ:60%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
レイラ レイラ:森育ちのツンデレ魔女。お休みの日には愛猫とお気に入りの紅茶でまったり読書。好きなジャンル:文化 ゲーム ファンタジー 魔女 雑学

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる