ニュース
» 2014年05月19日 10時19分 UPDATE

Kobo、新たなソーシャル電子書籍クラブを検討

Reading Lifeのようなパッとしないものに代わる新たなソーシャルリーディングの機能が生まれるかもしれない。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig619.jpg

 Koboは現在、猛烈な国際展開のペースを減速させ、ソフトウェアとハードウェアの開発に注力している。同社は、北米・欧州・オーストラリアでソニーの電子書籍事業全体を引き継ぐため、新規顧客の劇的流入を受けている。バーチャルなブッククラブは、Koboの次の課題として取り上げられるだろうか。

 Koboが先日から開始した新たな調査では、ブッククラブが立ち上げされるかのような言葉が用いられ、ソーシャルメディアに関してキーとなる設問が容易されている。ブッククラブをTwitter・Facebook・Pinterestのようなさまざまなソーシャルメディアネットワークへ接続することについて、ソーシャルメディアはそもそも重要なのか、ほかの似たような趣向を持つ人と本の話をしたいだけかといったことも聞かれている。

 Koboは過去にKobo Pulseでコミュニティーベースのプログラムの実験を行っている。何人の人があなたと同時に同じ本を読んでいるか、何人の人が読了したかといったことを知らせるものだが、短命の取り組みに終わった。Kobo Pulseの意図は、コミュニティーベースの議論を促進し、ネタバレが読書体験を台なしにしないようにすることだった。

 Koboはコミュニティーに対して自分の作品の話をしてもらうためにジーナ・ショウォルター氏を招待したことなどもあったが、読者とのエンゲージメント率が低く、これも断念している。

 Koboは、バーチャルなブッククラブを成功させるだろうか。同社は、Amazonが昨年購入したGoodReadsに対抗する競争力を痛ましいほどに必要としている。電子読書は孤独な試みで、ほかの読者と交流できることは、非常に魅力的な価値の提案だ。きちんとやり遂げられれば、ブッククラブはKoboのサービスに統合されるだろう。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる