連載
» 2014年05月02日 12時00分 UPDATE

祝連載50回突破記念:シャッツキステ特別編 メイドたちが本棚座談会をしちゃいました 後編

メイドたちの本紹介が50回を迎えたことを記念して、メイドたちによる本棚座談会が行われました。その模様を2週にわたりスペシャル企画としてお届けします。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 新緑もまぶしい季節。いろいろな本をおすすめし合ううちに、メイドたちはお互いの本棚が気になってきたようです。

 今回もお茶を飲みにお出かけしたメイドたちの本棚トークをのぞいてみましょう。紅茶にミルクを垂らし、卓上にはスコーンも追加されて、話が弾んできたようですよ。

シャッツキステ メイドたちの本棚座談会 後編

レイラ

サヤちゃんの本棚はどんな風かしら。


サヤ

うう……なんだか恥ずかしいなぁ……。


サヤさんの本棚 サヤさんの本棚 マンガ、フィギュアにゲームまで、前後にぎっしり入っています
レイラ

あら、『十二国記』はホワイトハート版をそろえているのね。


サヤ

出版社を変えて出されると気になりますよね。私、『空色勾玉』は福武書店、徳間書店、徳間ノベルス、中公文庫の4種類持っています。


レイラ

装丁が変わったりすると、やっぱり手に入れたいし、増える一方の蔵書が悩ましいわね……。


ミソノ

この一画は講談社BOX?


サヤ

いえ、ゲームです。


ミソノ

ああ! サヤちゃんの好きなゲームキャラのマスコットもたくさん並んでいますね! あっちにもこっちにも!


サヤ

これでも、写真を撮るときにちょっと減らしたんですよ〜。


ミソノ

かっこいいポストカードの傍らに、夏目漱石や室生犀星が収まっているところにサヤちゃんの本棚だなぁ、と思いますよー。


レイラ

そしてやっぱり奥と手前の二段組み。


サヤ

一応、奥を高くして背が見えるようにしています。増えすぎたら定期的に整理しているんですけど、そのせいで、手放した本を「やっぱり欲しい!」と買い戻したこともあります。『獣の奏者』の2巻以降を待っていたのに、あんまり長く間が空いたからうっかり手放してしまったんですよー! しっかり買い戻しましたが!


レイラ

私も断舎利した時に、電子書籍でそろえたものもあります。


ミソノ

レイラさんの電子書籍本棚がだんだんうらやましくなってきました……。


レイラ

三人の本棚の共通点は絵本や児童書があったり、薄い本もあったり。


ミソノ

レイラさんとサヤちゃんの本棚は全く同じ作品もありましたね。


レイラ

背を見て何の本が分かるって、なんだかうれしいですね。


サヤ

私、二段になっている本棚が理想です!


ミソノ

今でも二段では?


サヤ

いえ、棚ごと前後に列があって、スライドできる……。


レイラ

ああ! あのスライドする感じ、かっこいいですね。


ミソノ

どうせなら、本棚がスライドした後に謎のボタンが現れて、押すと地下室への扉が開くといいのに……。


レイラ

(そう……かしら?)


サヤ

(そう……かな?)


レイラ

ともあれ、頑丈な本棚がいいですね。


サヤ

棚板のたわみにハラハラしますよね。


レイラ

でもびっちり入った背の高い本棚に憧れます。壁一面が上から下まで本棚がきっちり! みたいなお部屋、素敵だわ。


ミソノ

それなら私は、本棚に囲まれたベッドがあればいいのにと思います。ヘッドボードにちょっぴり……ではなく、寝台を取り囲んでぐるりと!


サヤ

眠る間際まで、本が選び放題ですか。いいですね!


ミソノ

天蓋つきの寝台なども、メイドの身としては憧れですけど、あの天蓋の柱が本棚だと、もっといいのに!


レイラ

机周りの3方向を本棚が囲んでくれていると嬉しいわ。そんなお部屋が欲しいわね。


サヤ

そして本棚は二段スライド式で!


ミソノ

二段式に本当に憧れているのねぇ。……いつか、各々の理想の本棚を構築したいですね!


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画
レイラ レイラ:森育ちのツンデレ魔女。お休みの日には愛猫とお気に入りの紅茶でまったり読書。好きなジャンル:文化、ゲーム、ファンタジー、魔女、雑学


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる