ニュース
» 2014年04月24日 18時06分 UPDATE

絵本の歴史を分かりやすく紹介:国際子ども図書館、展示会資料220点をWebサイト上で公開

国立国会図書館国際子ども図書館が、明治から現代にかけての代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介するWebサイト「日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」をオープンした。

[eBook USER]

 国立国会図書館国際子ども図書館は4月23日、Webサイト「日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み」をオープンした。

日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み 日本の子どもの文学−国際子ども図書館所蔵資料で見る歩み

 同サイトは、国際子ども図書館3階「本のミュージアム」で現在開催している現物展示会の出展資料から、約220点を電子展示会として公開するもの。

 明治から現代にかけての代表的な児童文学作家・画家の作品を紹介するほか、教科書掲載作品や童謡も展示している。また、Webサイト「国立国会図書館デジタルコレクション」では、一部出展資料の全文をデジタル画像で閲覧できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる