ニュース
» 2014年04月17日 14時15分 UPDATE

はまり役?:少女漫画『海月姫』実写映画化、能年玲奈がクラゲヲタクに

講談社の少女漫画『海月姫』が今年の冬に実写映画化。主人公のクラゲヲタクを能年玲奈が、女装男子を菅田将暉が演じる。特設ページでは原作者・東村アキコとキャストのスペシャルコメントを公開中。

[eBook USER]

 講談社の「Kiss」で連載中の少女漫画『海月姫』が今年の冬に実写映画化。主人公のクラゲヲタク・月海(つきみ)を能年玲奈、女装が趣味の美男子・蔵之介を菅田将暉が、蔵之介の異母兄である真面目な中年童貞・修を長谷川博己が演じる。

『海月姫』『海月姫』 『海月姫』

 監督は「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」「ひみつのアッコちゃん」の川村泰祐さん、脚本は「私の優しくない先輩」の大野敏哉さん、衣装デザインはきゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手掛ける飯嶋久美子さんが務め、実写映画化に合わせて開設となった特設ページでは、原作者・東村アキコさんとキャストのスペシャルコメントを公開している。

月海役の能年玲奈蔵之介役の菅田将暉修役の長谷川博己 月海役の能年玲奈、蔵之介役の菅田将暉、修役の長谷川博己

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる