ニュース
» 2014年04月14日 11時03分 UPDATE

インプレス、電子・印刷書籍のハイブリッド出版事業の第1弾『毒の告発-ドキュメント帝銀事件-』を刊行

インプレスR&Dとsolaruによる次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使ったハイブリッド出版事業がスタート。第一弾となる『毒の告発-ドキュメント帝銀事件-』を刊行した。

[eBook USER]
『毒の告発-ドキュメント帝銀事件-』 『毒の告発-ドキュメント帝銀事件-』和多田進/solaru

 インプレスR&Dとsolaruは4月11日、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った電子・印刷書籍のハイブリッド出版事業を開始。第1弾となる作品を刊行した。

 NextPublishingとは、電子書籍と印刷書籍を同時に発行可能なデジタルファースト型の新出版方式のこと。今回発売となる『毒の告発-ドキュメント帝銀事件-』は、戦後事件史に残る集団毒殺事件の真相に肉迫した追跡ドキュメント。印刷書籍版仕様は四六判/モノクロ/本文324ページ、電子書籍版フォーマットはEPUB 3/Kindle Format 8となっている。

 販売店は、印刷書籍がAmazon.co.jp、三省堂書店オンデマンド。電子書籍はAmazon Kindleストア、楽天koboイーブックストア、Apple iBooks Store、インプレスR&D libura PROで、準備が整い次第配信開始となる。価格は電子書籍版が1400円(税抜き)、印刷書籍版が2200円(税抜き)で、一般書店での販売は行われない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる