ニュース
» 2014年03月27日 20時00分 UPDATE

マンガ大賞2014、森薫『乙嫁語り』が大賞受賞

今、一番おもしろいマンガ――マンガ大賞2014は森薫さんの『乙嫁語り』が大賞を受賞した。3回目のノミネートでの受賞となった。

[eBook USER]

 3月27日、書店員を中心とした有志がお勧めのマンガ作品を決める「マンガ大賞2014」の結果が発表された。大賞には森薫さんの『乙嫁語り』(KADOKAWA / エンターブレイン)が選出された。

森さんによる受賞イラスト 森さんによる受賞イラスト(出典:マンガ大賞2013)

 マンガ大賞は、「友達に薦めたくなるマンガ」の選出をコンセプトに2008年に生まれた賞。これまで、『岳 みんなの山』(石塚真一)、『ちはやふる』(末次由紀)、『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)、『3月のライオン』(羽海野チカ)、『銀の匙 Silver Spoon』(荒川弘)、『海街diary』(吉田秋生)が大賞に輝いている。

 大賞を受賞した『乙嫁語り』は、マンガ大賞2011/2013にもノミネートされていた作品。過去のノミネートではいずれも次点で大賞を逃していたが、3回目のノミネートで大賞を受賞した。以下は2次選考での選考員コメントの一部だ。

中央アジアを舞台にした独特の世界観、多彩な登場人物、変化のある物語。どれをとっても魅力的。

惹きつけるストーリー・細密画のような絵・躍動感溢れる描写・愛すべきキャラクターとこれ以上ないくらいの作品

今回の候補作の中では、なんというか?マンガ的貫禄?の大きさでこの作品に敵うものはないと感じます。

 次点には『僕だけがいない街』(三部けい)、3位には『さよならタマちゃん』(武田一義)が選ばれている。ノミネート作品と最終ポイントは以下の通り。

作品名 最終ポイント
乙嫁語り(森薫) 94ポイント
僕だけがいない街(三部けい) 82ポイント
さよならタマちゃん(武田一義) 66ポイント
七つの大罪(鈴木央) 59ポイント
ひきだしにテラリウム(九井諒子) 54ポイント
重版出来!(松田奈緒子) 46ポイント
ワンパンマン(ONE・村田雄介) 43ポイント
亜人(桜井画門) 32ポイント
足摺り水族館(panpanya) 31ポイント
坂本ですが?(佐野菜見) 9ポイント

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる