ニュース
» 2014年03月27日 11時00分 UPDATE

セルフパブリッシング作品、ベストセラーリストを支配

海外では、The New York Times、Amazon、Barnes & Nobleなどのベストセラーリストにセルフパブリッシング作品が数多く並ぶようになってきている。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig594.jpg

 セルフパブリッシング(自主出版)が大きなビジネスになりつつある。すでにThe New York Times、Amazon、Barnes & Nobleのベストセラーリストにもセルフパブリッシング作品が数多く、そして月単位でリストされている。今日はこうしたセルフパブリッシング作品がいかにベストセラーリストを支配し始めているかについて幾つかの興味深い数字に注目したい。

 まず、PenguinとRandom Houseの2013年の電子書籍ベストセラーは478タイトル、Hachetteは258タイトルだった。ベストセラーリストを支配したほかの作品の大半はインディーズ作家によるものだ。

 2013年、Amazon.comの電子書籍ウイークリートップ100は、セルフパブリッシング作品が平均して27%を占めた。Barnes & Nobleは「NOOKの顧客の30%がセルフパブリッシング作品を毎月購入している。NOOKの月間書籍販売の25%はそうした作品だ」という。ベラ・アンドレ氏、レイチェル·ヴァン·ダイケン氏、アビ・グラインズ氏、ケイティ・エヴァン氏、バーバラ・フリージー氏といった多くのインディーズ作家は2013年、The New York Timesのベストセラーリストを飾っている。

 セルフパブリッシングのサービスを提供する米Smashwordsのマーク·コーカーCEOによると、2020年までに、全電子書籍の50%がセルフパブリッシング作品になるという。これは従来のベストセラーリストにこうした作品が取り込まれることを意味するのだろうか。それとも、The New York Timesのベストセラーリストですら従来型の出版物をリストしない時代に突入するのだろうか。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる