連載
» 2014年02月14日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ41冊目:ほのぼのとしたイラストでスッと入ってくる『ぼおるぺん古事記』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。司書見習いのサヤが何やら写真を見ていますが……。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 この街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 ミソノの好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って書架にメイドがやってきます。

ほのぼのとしたイラストでスッと入ってくる『ぼおるぺん古事記』

ミソノ

あら、素敵な風景ですね。どこかへお出かけしたの?


サヤ

以前、古事記ゆかりの地を旅した時に撮った写真たちです。事前に古事記のことを勉強してから行ったので、ここであの神話のあの出来事があったんだなあと想像を巡らすことができてすごく楽しかったですよー。


ミソノ

古事記ですか。ヤマタノヲロチや因幡の白兎のお話はすぐに浮かんできます。それぞれが独立した神話としてなじみ深いかもしれません。


サヤ

確かに通して読もうという気にはなりづらいですよね。冒頭の「アメツチハジメテヒラケシトキ……」とか、最初からなんだか威嚇されているような気がしませんか? あ、でもでも、こうの史代さんの『ぼおるぺん古事記』は書下し文にマンガのような感じで絵がついていて、すごく読みやすいんです。


『ぼおるぺん古事記』 『ぼおるぺん古事記』(こうの史代/平凡社)

ミソノ

あらまあ、抜群に読みやすいのね、これ!


サヤ

この本のいいところは、自分の知識とか想像力では埋められない隙間を、絵が埋めてくれるところなんですよ。例えば書下し文の「五百箇眞賢木を根こじにこじて」とか、何のことだかさっぱり分からないし、かといって長々しい現代語訳とか注釈を見るのもなんとなく興ざめな感じがしますよね。でも『ぼおるぺん古事記』なら、それが何なのか、絵を見ただけでぱっと分かるんです。


ミソノ

絵も穏やかで、それでいて味わいのある可愛らしさですよねぇ!


サヤ

そうなんです! 力が強い男神とか麗しい乙女とか、個性豊かな神々が可愛いタッチで描かれているところも素敵ですよね。それだけでなんだか神々が身近に感じられる気がしませんか?

中でも天の石屋戸神話のところは、神々がとても生き生きと身近に感じられるのでお気に入りです。岩屋戸に引きこもってしまった天照大神を外におびきだすために、神々がどんちゃん騒ぎをするというお話なのですが、その様子が本当に楽しそうなんです。わたくしが天照大神だったとしても、気になって岩屋戸を開けたくなっちゃうだろうなあと思ってしまいました。


ミソノ

独特の言い回しに、ところどころちょっとした書き込みがついているのも分かりやすくて嬉しいわー。


サヤ

『ぼおるぺん古事記』は、古事記の神話の世界をすごく身近に感じることができるんですよ。興味はあったけど今までなかなか手が出せなかったという人でも、『ぼおるぺん古事記』でならきっと神話の世界を楽しめるんじゃないかなと思います。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:12% レイラ:35% サヤ:48%


本日のメイド

サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画
ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる