ニュース
» 2014年02月07日 12時00分 UPDATE

Reader Storeが北米市場から撤退 Koboへの移行を促す

北米市場ではストアサービスをクローズし、Koboへの移行を図る。日本でのサービスは継続する。

[西尾泰三,eBook USER]
tnfigrs1.jpg

 2月6日に「VAIO」ブランドで展開してきたPC事業の譲渡を発表し、モバイル領域ではスマートフォン/タブレットに集中していく考えを明らかにしたソニー。同社が展開している電子書籍事業にも大きな動きがあった。

 米Sony Electronicsが2月6日(現地時間)に発表した内容によると、同社が北米で提供している電子書店「Reader Store」を3月で終了し、Koboへの移行を促していくことでKoboと提携合意したという。具体的な移行プロセスは今後案内される予定だが、Reader Storeで購入済みの作品を移行先のKoboイーブックストアのアカウントでも読めるようにしていく考え。また今後、XperiaスマートフォンやタブレットにKoboのアプリをプリインストールしていく考えも示されている。

 日本で展開しているReader Storeはサービスを継続。2月7日には今後のロードマップを発表している。具体的にはiOSアプリの書籍コンテンツ対応や自動購読サービス、さらにPC向け閲覧環境の提供などだ。

 海外では採用しているDRMが同じであることもKoboへの移行に踏み切った理由の1つとみられるが、国内ではそうではないため、同様の発表がなされることは短期的にはないとみられる。ただし、専用端末の開発リソースなどには影響が出てくるとみられる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる