連載
» 2014年01月24日 11時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ38冊目:石を積み上げ30年?! 『たった一人の大きな力』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。連載38回目は、ふと思い出したミソノによるオススメです。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 この街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 今日はミソノからノアに、本をオススメするようですよ。

石を積み上げ30年?! 『たった一人の大きな力』

ミソノ

ノアちゃんがこの間すすめてくれたご本を見て、こちらを思い出しましたよー。このご本にはたった1人で頑張った人たちのエピソードが載っています!


『たった一人の大きな力』 『たった一人の大きな力』(蓮見太郎/宝島社)

ノア

1人で、ですか?


ミソノ

はい。1人だけの力で何事かを成し遂げた人たちのエピソードが満載なんです。

成し遂げたのは、もうさまざまで! 例えばお城。


ノア

お城ですか!


ミソノ

アメリカのビショップさんは、石を積み上げて家を作るつもりが、つい「オレは城を作っているんだ」と言ってしまったために、本気でお城を作ってしまうことに。コツコツと石を積んで30年間かけて完成させました。


ノア

うっかりの言葉からそんなことに!


ミソノ

ビショップさんは元々、「自分1人の力で家を作ろう」と思っていたそうなので、心意気は十分だったのだと思います。それにしても30年はすごい!

こんな風に、この本には古今東西の1人で頑張った人が30人も載っています。

「大聖堂を作る」「劇場を作る」「灯台を作る」などの建築系だけでなく、水路を作ったり、地雷を撤去したり、ナスカの地上絵を研究したりと、その活動はさまざまですが、この本のポイントは「1人で」なので、どの人も本当にコツコツ地道に頑張ってらっしゃる!


ノア

それがみんなの役に立つんですね!


ミソノ

うーん……。


ノア

「うーん」ですか!?


ミソノ

多くの方は、胸に志を持ち、ある人は自分自身のため、ある人は地域のためにと身を粉にして成し遂げられ、その結果が人のため地域のためになっている場合も多いのですが……。

例えば1954年に1人で30メートルの高さの鉄骨タワーを作ってしまったロディアさん。「アメリカのために何かがしたかった」という気持ちのたかぶりは何だかすごいですが、鉄骨タワーは電波塔でもなければ展望台でもありません。ただの……タワー……。


ノア

……。


ミソノ

「一人でスキーを作った人の話」として掲載されている群馬の猪谷六合雄さんも、日本にスキーが伝わって3年しかたっていない1914年にスキーに目をつけ、手作りで板を作り、雪山を転々としながらスキー三昧の日々。幼いころからスキーに親しんだ息子さんは、やがてオリンピックで銀メダルを獲得。それが冬季オリンピック史上、日本がはじめて手にしたメダルだとか!


ノア

良かった! いいお話になってきました!


ミソノ

ええ! もちろんどなたも良いエピソードですよ!

ただ、35歳でスキージャンプ競技を目にした六合雄さんは、自分でジャンプ台も制作! コンディションが良いと全裸でジャンプ! 全裸だと5〜10%飛距離が伸びると発見! 真冬に雪山で全裸……ここまでくると、人のためとかではなく、心からめいいっぱい楽しんでいらしたのでは、と思うのです。六合雄さんは71歳で運転免許を習得し、以降もあちらこちらの山々を回られたとか。


ノア

お元気ですねぇ。


ミソノ

そうそう。六合雄さん限らず、このご本に紹介されている皆さまが、「その道」に入られたのが、そんなにお若くないのもなんだか心強いのです。学校を出て、働きはじめてから、時には高齢になってから「これは!」と思ったことに邁進していく。それがたった1人でも。周りから見て何の評価もされなくとも。


ノア

ただ、自分の心を信じて……。

おや、現代の方も載っているんですね。


ミソノ

鉄鋼でボトムズをお作りになった倉田さんなど、「あ、この方知ってます!」というお人が載っているのもまた嬉しいですね。

成し遂げたお城や水路の写真が載ったカラーページと説明文で、1人当たり4ページでその功績が綴られています。長年頑張った足あとを記すには4ページではちょっと少ないのでは? と思われるかもしれませんが、このさっぱりとしたまとめ方が、入口としてライトで入りやすい! 「この人の事をもっと調べてみようかな」とほかのエピソードも知りたくなります。


ノア

わたしも気になって、エピソードを深堀りしたくなりました。


ミソノ

30人もの「たった1人で自分の力を信じる心」は、志でもあり、言い換えれば固執でもあるように感じました。でも、このあっさりとした作りで、悲喜こもごもがうまーく調和され、写真とエピソードを交互に読み進めると、30人分があっという間です。

読み終わると、「いやはや、なんだかすごいなぁ!」というわくわくした気持ちがやってきましたよ!


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:12% レイラ:30% サヤ:43%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
ノア ノア:本日のゲストメイド。某日開催された「本がたり夜話会」でもてきぱきとお仕事をこなしていたイベント好きなメイド。2つのおさげをクルンとまとめた髪型がキュート。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる