連載
» 2014年01月17日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ37冊目:あの2人に弟と妹が! 『ママレード・ボーイ little』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。連載37回目は、司書見習いのサヤがやってきましたよ。今日、手にしているのはどの本でしょうか……。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 この街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 ミソノの好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って書架にメイドがやってきます。

あの2人に弟と妹が! 『ママレード・ボーイ little』

サヤ

ミソノさんは『ママレード・ボーイ』を読んだことはありますか?


ミソノ

ありますよー。アニメ作品になった時の「だっけっど気にっなっる♪」という歌も印象的でしたねー。


サヤ

わたくしも吉住渉先生の作品は昔から大好きで、ママレも何回も読んでいます!


ミソノ

「ママレ」! そう略すのですね!


サヤ

トレンディドラマのようでベタなお話なのに、どこか一味違って面白いですよね。


ミソノ

両親が旅先で知り合った夫婦と、夫と妻をそれぞれ交換して再婚してしまって……って改めて考えると、何を言っているのか分からないドラマチックさですねぇ!


サヤ

ヒロインの光希も素直でかわいくて応援したくなっちゃいます。両親が交換結婚するとか言い出したら、わたくし、きっとグレちゃいますねー。

交換結婚のくだりもそうですけど、ママレって「りぼん」にしては少し大人っぽいお話で、「これを読んでるわたしって大人!」と昔読んだときは思っていました。ぜんぜんそんなことないんですけどね。


ミソノ

ドラマチックで、それでいて少女マンガエッセンスもたっぷりで……アニメになって男性からも注目されましたねー。


サヤ

そうですよね、いろいろな属性の人に人気のあるマンガですよね。そんなママレに、何と続編が出たんです! 連載が始まったときは、普段コミックス派のわたくしもつい本誌を買ってしまいました。


ママレード・ボーイ little 『ママレード・ボーイ little』(吉住渉/集英社)

ミソノ

続編ということは、登場人物は同じキャラかしら?


サヤ

お話自体はママレの主人公、光希と游の妹と弟が中心で、続編というよりはまた別のお話ですね。でもところどころでママレに出てきた子たちの成長した姿が見られます。その子たちが今までどんな人生を歩んできたのかなーなんて想像を巡らせるのもまた楽しいですよー。


ミソノ

スピンアウト作品というのでしょうか。物語の派生を感じるのも楽しいですねぇ!


サヤ

吉住先生の作品って白髪優しい系の男の子と、黒髪のちょっとツン系な男の子の2人が前にでてくることが多いんですよ。それでわたくしはいつも黒髪の男の子を好きになるのに、悲しいかなヒロインと結ばれるのは白い子……今回も白い子と黒い子が出てきていて、わたくしはやっぱり黒い子を好きになってしまいました……。

でも今回は黒い子がやってくれそうな気がします!


ミソノ

まぁ!


サヤ

黒い子とヒロインは小さいころから一緒に住んでいてきょうだいのように育てられたので、当然ヒロインはきょうだいだと思ってるんですよ。でも黒い子は「きょうだいだと思ったことなんか一度もない」、「結婚するつもり。ずっと前から決めてた」とか言っちゃうんですよ。中学生なのに……。

彼にならわたくしの望みを託せるような気がいたします。まぁまだ一巻しか刊行されていないので、どうなるかは分からないですけどね。でもすでにヒロインが好きになった男の子に彼女がいたりと、吉住先生らしいドラマの予感がたくさんあって、これからどんどん面白くなりそう! 次巻の発売が待ちきれません!


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:12% レイラ:30% サヤ:43%


本日のメイド

サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画
ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる