ニュース
» 2013年12月05日 14時30分 UPDATE

European Year of Citizens 2013:EU圏では4人に1人が書籍をオンラインで購入

英国を筆頭にオンラインショッピングの利用率が高まる欧州圏。書籍も例外ではない。

[Sovan Mandal,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

 欧州委員会で統計を担当するEurostatが実施した調査(European Year of Citizens 2013)は、EU圏の居住者のオンライン購買におけるパターンを明らかにしている。

tnfig553.jpg

 一般的な欧州人の生活にICT技術がどの程度浸透したかを測定するこの調査は、調査実施前に少なくとも1年間インターネットを利用したことがある16〜64歳の年齢グループに属する回答者に対して実施されたものだ。

 例えば、書籍の購入方法をみると、全体の約4分の1といえる23%がオンラインでの購買を選択していることが分かった。まったく予想通りではあるが、電子書籍・電子雑誌・ほかの電子定期刊行物が従来のプリント版に比較して便利であるとより多くの人が気づきはじめており、その割合は数年前と比較して増加している。

 書籍購入をオンラインで行う割合を国別でみると、ルクセンブルクが47%で欧州の国々の中でトップとなった。これに続くのがドイツの41%、そしてスウェーデン(38%)、英国(36%)と続く。一方、ブルガリア、ラトビア、ルーマニアといった国々では書籍をオンラインで購入することへの関心は低調だった。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる