ニュース
» 2013年11月13日 11時15分 UPDATE

Oysterの定額制電子書籍サービスがiPadアプリとともに公開

月額約10ドルで電子書籍が読み放題の「Oyster」は定額制のサービスモデルを根付かせることができるだろうか。

[Mercy Pilkington,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader

 電子出版の領域で、Netflixのスタイルに似た定額制のソリューションはとらえどころのない一端となっている。フリーミアムから読み放題まで、万人向けのモデルを探しだそうと誰もが奮闘している。

tnfig544.jpg

 ニューヨークに拠点を置く米Oysterは9月、定額制のサービスモデルを正しい方向へ導くと思われるiPhone向けの限定βサービスを開始した。同サービスは、無制限のオンライン読書と月10冊までのオフラインでのタイトル利用が月額9.95ドルで利用できるというものだ。このサービスは10月中旬に正式にローンチし、10万タイトル以上のラインアップをユーザーに提供、iPadアプリも追加された。

 しかし、当初から定額制の読書サービスを蝕む大問題はいまだに解決しておらず、ユーザーと出版社に影響を及ぼすかもしれない。過去、24Symbolsなどがこのモデルをもたらした際、多くの出版社は新たな収益源の機会だととらえつつも、リスクを敬遠し、既刊書のみを提供した。Oysterの立ち上げに関する一部のレビューによると、Oysterもその点は今のところ変わらないという。

 OysterのiOSアプリはiOS 7にのみ対応しており、概して、アプリのレイアウトと美しさは魅力的だ。しかし、よいソリューションか否かを最終的に決定するのはユーザーからのフィードバックということになるだろう。Oysterは課金前に30日間の無料トライアルを利用できる。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる