ニュース
» 2013年11月13日 10時23分 UPDATE

シャープ・パナソニック・ACCESS・セルシスなど、Tizen Associationのメンバー企業に加盟

オープンソースモバイルOS「Tizen」のコンソーシアムにシャープ・パナソニック・ACCESS・セルシスなどが加盟。

[hon.jp]
hon.jp

 韓国SamsungやNTTドコモなどが中心となって開発を進めているLinux/HTML5系の新型スマートフォンOS「Tizen」の開発者団体Tizen Asssociationに新たに36社が加盟した。シャープ、パナソニック、ACCESS、セルシス、ネオス、コナミ、アートスパーク、エイチアイ、NTTデータMSEなど日本企業が多く名を連ねている。

 Tizenは、主に韓国Samsungが中心となって開発が進められているLinuxベースのオープンソースモバイルOSで、最大の特徴は、1)完全オープンソースであるためメーカー各社による独自改造が自由、2)HTML5/CSS/Javascriptだけでアプリ開発が行なえること(レンダリングエンジンはWebKit2)。最新のバージョン3.0は2014年第2四半期にリリース予定で、そのタイミングでNTTドコモなどからも何らかの製品が登場するものと予想されている。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる