ニュース
» 2013年09月30日 14時15分 UPDATE

スキャン代行訴訟、業者に差し止め命令

作家7名がスキャン代行業者を著作権侵害で訴えていた裁判で、東京地裁は著作権侵害を認め、2業者に行為の差し止めと計140万円の賠償を命じた。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfigsds1.jpg © zimmytws - Fotolia.com

 浅田次郎さんら作家7名がスキャン代行業者を著作権侵害で訴えていた裁判で、9月30日、東京地裁は著作権侵害を認め、2業者に行為の差し止めと計140万円の賠償を命じた。

 “自炊”業者なとども呼ばれるスキャン代行業者は、紙書籍を裁断・スキャンして電子化するサービスを“代行”。これが著作権法上の「私的複製」として認められるかどうかを巡り、2011年に浅田次郎氏、大沢在昌氏、永井豪氏、林真理子氏、東野圭吾氏、弘兼憲史氏、武論尊氏の7名が原告となり、スキャン代行業者に対し原告作品の複製権を侵害しないよう行為の差し止めを求める提訴を提起していた。

 このときは業者が解散を選択し、原告側が実質的勝訴として一度は訴えを取り下げたが、2012年11月に再び提起していた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる