ニュース
» 2013年09月19日 12時46分 UPDATE

青山学院大学、日本初の経済学系教科書の電子配信を実現

青山学院大学、京セラ丸善システムインテグレーション、東洋経済新報社が青山学院大学経済学部現代経済デザイン科で使用している翻訳教科書『スティグリッツ公共経済学』の電子教科書活用実験を開始する。

[渡辺まりか,ITmedia]

 青山学院大学、京セラ丸善システムインテグレーション(KMSI)、東洋経済新報社の三者は9月24日から、青山学院大学経済学部現代経済デザイン科で翻訳教科書『スティグリッツ公共経済学』の電子教科書活用実験を開始する。KMSI調べでは経済学部の教科書として電子配信を行うのは日本初。

 実験では、1年生の約半数に当たる70名に貸与したタブレット端末(iPad mini/Nexus 7)に、必修科目の教材として使用されている翻訳教科書『スティグリッツ公共経済学』(東洋経済新報社)の電子配信を行う。配信には、学術・研究・教育分野における電子書籍の活用・普及を目指して開発された「BookLooper」を使用。

wmfig273.jpg サービスイメージ

 電子教科書にすることで、専門書の持ち運び負担の軽減や、検索機能利用で教科書を辞書のように活用するなどの学習効率化が期待できるとし、来春から経済学部生全員に電子教科書を順次導入することを検討しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる