連載
» 2013年09月06日 13時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ19冊目:ゲームキャラに萌えてよし、主人公に萌えてよし、の『神のみぞ知るセカイ』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日は司書見習いで少女漫画好きのサヤがやってきましたよ。今日、手にしているのはどの本でしょうか……。

[ITmedia]
wmfigschatz02.jpg

 街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 彼女の好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、メイドがやってきます。

ゲームキャラに萌えてよし、主人公に萌えてよし、の『神のみぞ知るセカイ』

サヤ

ミソノさんは恋愛シミュレーションゲームをプレイされたことはありますか?


ミソノ

ええ、幾つかクリアした作品がありますよ。


サヤ

わたくし実はかなりそういったゲームが好きで、暇さえあれば携帯ゲーム機を取り出してぴこぴこしております。


ミソノ

……お給仕の休み時間に一生懸命、画面を覗いている姿を見てしまって以来、薄々、そうではないかと思っていましたよー……。


サヤ

今日はそんなわたくしにそっくり? な主人公の出てくるマンガを持ってきました!

『神のみぞ知るセカイ』は「週刊少年サンデー」に連載中で、現在はテレビアニメ三期女神篇の放送もされている人気のマンガ作品です。


ミソノ

三期! 人気の作品なんですねぇ。


サヤ

 主人公の桂木桂馬は男性向けの恋愛シミュレーションゲーム、いわゆるギャルゲーが大好きで、落とし神と呼ばれるほどの腕前。その腕前ゆえに悪魔と契約させられ、リアルの女の子と恋愛しなければならなくなってしまいます。そこで桂馬は次元の壁を超えて、独自のギャルゲー理論を使って女の子を攻略していくことになるのです。

wmfigschatz119.jpg 『神のみぞ知るセカイ』(若木民喜/小学館)

 攻略対象はスポーツ少女にツンデレ少女、文学少女などなど、さまざまな属性の女の子たちが出てくるので、必ず一人は好みの子が見つかるはずです。わたくしのイチオシはアイドルのかのんちゃん! いいですよね、アイドルって!

 しかし出てくる女の子以上に魅力的なのは、主人公の桂馬です。桂馬は相当重傷なギャルゲーマーで、すごくズレています。彼はもう完全に二次元の世界しか見ていません。でもそのズレっぷりが面白くて、時々出てくる名言にもくすっと笑わされます。「リアルはクソゲーだ!」のインパクトは相当なものでした。

 それに桂馬は「三次元に興味はない」「リアルはクソゲーだ!」と言いつつも、ちゃんとリアルの世界のために攻略を頑張っているんですよ。ゲームの理論が、現実でうまく働くわけじゃない。実際の攻略ではリアルに振り回されていることも多いです(そこが面白いのですが)。それでも強引に突き進んでいってエンディングを迎える桂馬を見ると、よくがんばった! あっぱれ! と褒めてあげたい気持ちになります。桂馬はただ面白いだけの男じゃないんです、やるときはやるんです!

 それと男の子なのになかなかかわいらしい容姿をしているところも、わたくし的にはかなり高ポイントですね。彼の女装姿は鼻血ものですよ……。そんな桂馬の女装姿も含めて、一見の価値があるマンガだと思うので、ぜひミソノさんも読んでみてくださいー!


ミソノ

恋愛シミュレーションにおいて主人公は透明人間……そんな扱いの作品もあると思うのですが、読み手……つまりゲームで例えるならプレイヤーであるサヤちゃんがこんなにも主人公に心を奪われるとは。並々ならぬパワーですね。そしてそんな桂馬くんのお姿が素敵な描写はどのあたりかしら? 何ページかしら? どのコマかしら? うふふふふふ。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:12% レイラ:21% サヤ:26%


本日のメイド

サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画
ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる