ニュース
» 2013年08月30日 11時40分 UPDATE

青空文庫の推進役・富田倫生氏の追悼イベント開催――活動を支援する「本の未来基金」創設へ

ボイジャーは、8月18日に逝去した電子図書館「青空文庫」の推進役・富田倫生氏の追悼イベントを開催。また、青空文庫の活動を支援する「本の未来基金」も創設する。

[ITmedia]

 ボイジャーは9月25日、電子図書館「青空文庫」の推進役・富田倫生氏の追悼イベントを開催する。

 同イベントは、8月18日に61歳で逝去した富田氏の足跡を振り返るもので、第一部では「青空文庫の足跡:著作権と文化の未来」と題した記念シンポジウムを実施。第二部では「ありがとう富田倫生さん」と題するお別れ会を行うという。

 会場は東京・千代田区「東京會舘ローズルーム」で、第一部は事前予約申し込み制。参加費は無料で、定員は200名までとなっている。第二部は申し込み不要で、5000円の参加費が必要だ。また、イベントおよび青空文庫の今後を支援するべく「本の未来基金」を創設し、広く寄付を募るという。

 追悼イベントの概要は以下の通り。

第一部:記念シンポジウム 午後3時開場、午後3時30分から午後5時30分(120分)

「青空文庫の夢:著作権と文化の未来」

  • 冒頭報告
  • 基調スピーチ(以下、順不同・敬称略。タイトルは仮)
    1. 電子図書館の挑戦 長尾真(前国立国会図書館長、元京都大学総長)
    2. 青空文庫の歩みと成果 萩野正昭(ボイジャー代表取締役)
    3. 保護期間延長問題とは何か 福井健策(弁護士・日本大学芸術学部客員教授)
  • パネルディスカッション/アピール発表
    • 大久保ゆう(青空文庫)
    • 津田大介(司会、ジャーナリスト)
    • 長尾真(前国立国会図書館長、元京都大学総長)
    • 萩野正昭(ボイジャー代表取締役)
    • 平田オリザ(劇作家・演出家)
    • 福井健策(弁護士・日本大学芸術学部客員教授)

第二部:お別れ会 午後5時30分開場、午後6時から午後8時(120分)

「ありがとう富田さん」

  • 献花・献杯
  • 関係者スピーチ
  • 富田さん映像・写真上映ほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる