ニュース
» 2013年08月20日 11時49分 UPDATE

甘くて苦い、官能的な大人の寓話にチョコレートを添えて――『その男、甘党につき』

色気あるショコラと一人の男性をめぐる物語、えすとえむさん作『その男、甘党につき』を紹介します。

[ラノコミどっとこむ]
ラノコミ.com

舌の上でとろけるガナッシュ……
トリュフェット、ブール・ロ・オム、アンティエ、
ピスタチオ風味のショコラ……
オランジットの甘味と苦味……
スーパーの棚に並んだショコラでもいい! 一口だけでも……!

 食とエロスをめぐる問題は根深いけれど、まさか人生の中でここまでショコラ(チョコレート)に色気を感じる機会が訪れるとは思わなかった。

 えすとえむさん作『その男、甘党につき』は、時に甘く、時に苦い、そして時に官能的な、そんなショコラと一人の男性をめぐる物語だ。

fhfig542.jpg その男、甘党につき

 パリに暮らす一人の中年紳士、ジャン=ルイ。職業・弁護士。世界で一番愛するものはチョコレート。そんな彼の向かうところには、いつも悩める人々が待ち受けている。

 妻と不仲の友人男性、ファッション誌の仕事をするプライドの高い独身女性、大人びた子役の少女、店舗の移転に悩む男、そして自分の母親。ショコラティエがひしめく街、パリで起きるさまざまな出来事。ジャン=ルイが悩める人々にショコラの魔法をかけていく。

 この世にはショコラの種類が数多く存在するように、人々の悩みも多種多様だ。 

彼らとジャン=ルイ、そしてショコラ。その出会いが織りなす物語にはさまざまな味わいがある。

 トリュフ、リキュール入りボンボン、クロカンブッシュ、シガレットチョコ、パールチョコ……

 パリの人々にとって、その生活にはショコラが欠かせないように、彼の人生にはいつだってショコラが付きものだった。それがたとえ、彼にとっては悲しい経験だったとしても。彼がショコラを愛するように、ショコラも彼を愛している。

 それにしても、どうしてジャン=ルイという男はこんなにも官能的なのだろう。上品で物腰も柔らかくて、それでいて繊細で。紳士な彼が愛しくって癖になる。それはきっと一朝一夕に身に付けたものではなくて、彼が歩んできた人生だとか、経験だとかが影響していることは間違いないのだけれど。彼にかかわった人は、女性だけではなく男性ですら虜になってしまう。

先生 ショコラの前には どんな理屈も無力ですよ
多少の犠牲なら喜んで払う必要がある

 ああ、そうか。ようやく分かった気がする。

 ねえ、ジャン=ルイ。ひょっとして貴方もショコラなんじゃない?

(評:ラノコミどっとこむ編集部/やまだ)

Copyright© 2015 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる