ニュース
» 2013年07月22日 15時00分 UPDATE

Disney、書籍向けの新AR技術を発表

本とAR技術の組み合わせは試行錯誤が続いているが、Disney Research LabでもHideOutという新AR技術でさまざまな表現の可能性を検証している。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfig504.jpg

 ピッツバーグにあるDisney Research LabがHideOutという新AR技術を開発した。これは書籍を新たな方向へ導く可能性があるものだ。

 HideOutは、書籍・壁・ゲームボード・テーブルなどの日常品と、それらに映し出されたコンテンツとの新たな形態のインタラクションをモバイルプロジェクターがいかに可能にするかを検証している。

 DisneyはHideOutについて詳細に説明している。「人間の目には見えない特別な赤外線吸収マーカーをモバイルプロジェクターに埋め込まれたカメラでとらえることで、デジタルと現実世界との間でシームレスなインタラクションを実現しています。例えば、ストーリーブックに印刷されたグラフィックとインタラクションするキャラクターといった具合に、デジタルイメージが映し出された現実の物体を直接的に拡張し、それに反応します」。

 モバイルプロジェクター技術が流行するかは興味深い。ハードウェアメーカー・大手メディア企業と協力して技術が発展することが重要だ。Disneyはすべてのコンセプトワークを機能させるMarvel、Star Wars、Disney作品を有しており、最も有利なポジションにある。

 HideOutがより洗練されたとき、パズルゲームと電子書籍がどのように変化するか想像できるだろうか。Disney Research Labのサイトで公開されているHideOutの動画はあくまでもデモで、細部はまだ洗練されていないのが分かる。しかし、企業は、iOS/Androidアプリばかりではなく、自社で所有するデジタル作品向けにそのほかの技術に重点的に取り組み始める必要がある。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる