連載
» 2013年06月28日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ9冊目:美味しそうな描写の数々? ――「火曜日のごちそうはヒキガエル」

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。連載9回目はツンデレメイドのレイラが登場。メイドらしく、お料理の美味しそうな描写に注目……?

[ITmedia]
wmfigschatz02.jpg

 街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。そこには書架を守る司書メイドがいます。

 ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 司書メイドの好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、書架にメイドがやってきます。

美味しそうな描写の数々? ――「火曜日のごちそうはヒキガエル」

レイラ

もう梅雨明けしたのかしらと思うくらい、すっかり夏の陽気ですね。

こんな日に何ですが、今日は寒い冬の日に外に出かけたヒキガエルのお話をご紹介させてください。


ミソノ

あら、カエルさん! レイラさんはカエルがお好きですねぇ。


レイラ

今回わたくしがオススメするのは、『火曜日のごちそうはヒキガエル』という児童書です。

土の中の居心地のよいお家で冬ごもり中のヒキガエル、お掃除好きのウォートンがお料理好きのモートンの作ったカブトムシの砂糖菓子をおばさんのお家へ届けるため、真冬の外へ冒険に出かけて行きます。でも、途中で気難しいミミズクのジョージに捕まってしまい、来週の火曜日の誕生日にウォートンを食べてしまうと言われるのです。

このウォートンの冒険や、ジョージとの友情を育んでいく様子がすごく面白くて素敵な物語なのです。特にわたくしがこの作品で好きなのは作中に出てくる美味しそうな食べ物の描写です。

wmfigschatz109.jpg 『火曜日のごちそうはヒキガエル』(ラッセル・E・エリクソン:著/ローレンス・ディフィオリ:画/佐藤涼子:訳/評論社)(新版)

ミソノ

分かります。絵本や児童書に出てくる食べ物ってなぜかすごく美味しそうなんですよね。


レイラ

ドングリ茶やクローバーの花茶、ネズの実のお茶などハーブティー好きには夢のようなお茶がたくさん出てきますし、サンドイッチの中身も個性的で面白いんですよ。

物語のキーアイテムであるカブトムシの砂糖菓子もあこがれましたね。

今はもう販売されていないんですが、わたくしが読んだ旧版では確か「カブトムシの糖蜜漬け」と書かれていて、何だかすごく美味しそうに感じたのを覚えています。きっとツノの部分はポリポリしてて、羽の部分はシャクシャクと糖蜜がたっぷりで美味しいんだろうなぁ、と。


ミソノ

あら、このカブトムシの糖蜜漬けって成虫の方なのですか?


レイラ

実はかなり長い間、成虫だと思っていたのですが、挿絵のカブトムシの糖蜜漬けをよく見たら幼虫の方でした。でも幼虫の糖蜜漬けもクリーミーな味で美味しそうではありませんか!

最近ですと幼虫型のチョコレートなんてものが実際にお菓子屋さんで売られているので、本を読みながら食べてみるのも面白いかもしれませんね。

実はすでにカブトムシのチョコレート、用意してあるのですが、ミソノさんもご一緒にいかがですか?


ミソノ

うーん、実際に見てみるとリアルで食べるのに勇気がいりますね。


レイラ

……確かに(苦笑)


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:12% レイラ:21% サヤ:12%


本日のメイド

レイラ レイラ:森育ちのツンデレ魔女。お休みの日には愛猫とお気に入りの紅茶でまったり読書。好きなジャンル:文化、ゲーム、ファンタジー、魔女、雑学
ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる