連載
» 2013年05月31日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ5冊目:書く喜びと力を与えてくれた『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。連載5回目はシャッツキステの総メイド長・エリスが登場。またしても熱く熱く語ります。

[ITmedia]
wmfigschatz02.jpg

 この街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。そこには書架を守る司書がいます。

 ほんわかおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです……。ひそかに好感度を上げて、年に一度行われる本の展覧会にミソノさんとご一緒できるよう、お気に入りの一冊を持って、今日も書架にメイドがやってきました。

書く喜びと力を与えてくれた『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

エリス

文字なんて書けなくたって、絵とジェスチャーがあれば生きていける。そう思っていた時代が、わたくしにもありました……(遠い目)


ミソノ

エリスさんは絵を描くのが好きですものね。文章を書くのはあまり好きではないと聞きましたが……。


エリス

そうです、絵を描くことは好きなのですが、文章を書くのはほんと苦手で。もはやアレルギーレベルです。

それなのにこの世の中といったら!館内で行う催しもののお知らせ、メイドたちへの連絡、日誌。何をするにも出てくるのは、文章、文章、文章、文章、文章、文章……。生きている心地がしない!


エリス

 絵だけで催しものをお知らせしてはだめですか、作業の仕方を指示したらだめですか、絵日記ではだめですか! 絵とジェスチャーでなんとなく感じとってもらえませんか! と、自暴自棄になってしまうほど。

 それなのに文章が書ける人は必ずこう言うのです。「絵と同じですよ、本を読んだり書いたりして、書くことに慣れればいいんです」……”難しい本は3行読めば寝てしまう呪いのかけられている”このわたくしに! そもそも慣れるために文章を書こうとする時でさえ、白紙を前に固まってしまうわたくしにとっては、アドバイスにしてアドバイスにあらずですわ……。

 「文章がうまくなる本」「文章の書き方の本」そういったタイトルが私の本棚を埋め尽くす中、世間から見離された感に包まれながら行き倒れようとしていたその時……ふと目に留まったのがこの本です。

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

wmfigschatz105.jpg 『20歳の自分に受けさせたい文章講義』(古賀史健著/星海社新書)

 出版は、わたくしの大好きな星海社さん。2011年に最初に出た「武器としての決断思考」を読んで「この世の中を生き抜くための、武器としての教養を君たちに渡したい! 」という熱いコンセプトにしびれて以来、大好きな出版社さんなのです。その星海社さんから、まさに読みたいと思っていた”文章の書き方”本が出た!

 それはわたくしにとって朗報であるとともに、この世の終焉のお知らせにもなるかもしれませんでした。

 なぜって、もし星海社さんの本でも、わたくしの文章嫌いが直らなかったら……もう一生この苦手意識は克服できず、インターネットの発展とともに、今後ますます文字で成り立つ世界へと進化していくこの世から隔離され、何も発することのできない人として総メイド長の座も失い、ただ静かに朽ちていくのですから。

 期待と絶望を胸に、おそるおそる開いてみたところ…。

 わたくしが「文章を書くこと」にあたって長年抱いていた不安や疑問が、全てそこに書いてあったのです。「伝えたいことはあるのに、白紙を前にすると頭がぐるぐるして書けない」「書いていたら思っていたことと何か違う感じになってしまっている」。文章苦手な人の気持ちをここまで分かってくれる方がいるなんて……と、何かから解き放たれるような心地良ささえ感じました。

 心が開かれたところに、「文章の書き方」が丁寧に、順序立てられて、分かりやすく流れ込んできます。何より、驚くほどするすると頭に入ってくる文章。こんな文章が書けるようになりたい、わたくしも文章を書いて何かを伝えられるようになりたいという気持ちが高まり、読み進めるほどに書く事への憧れが増しました。

 

 この本は、わたくしに新たな生きる喜びと力を与えてくれた。そういう1冊なのです。声たからかに言おう!

 今このコラムを楽しく書けていること、それこそがまさにこの本のおかげであると。

そして白紙を前にすると頭も真っ白になって固まる呪いから、あなたを解き放ってくれると!

ミソノ

……情熱はとても伝わりました! 文章の上手な書き方もさることながら、書く事を楽めるようになるのは素敵なことですねー。


エリス

といっても、完全に苦手意識を克服できたわけではないので、いつも手元に置いて読み返しては、モチベーションをアップをはかっています。まさにこの世を生き抜くための必需装備品です!


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:12% レイラ:7% サヤ:5%


本日のメイド

エリス エリス:ちょっぴりドジなお姉さま?! シャッツの総メイド長。黒髪ロングがそろそろ膝に達しそう。好きなジャンル:ホラー、古代文明、イラスト、ビジネス書、少年マンガ
ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる