ニュース
» 2013年05月17日 12時13分 UPDATE

「日本人がネット辞書で調べた言葉」ランキング1位は?

小学館の国語辞典『大辞泉』編集部が、ネット事典サイト「kotobank」でもっとも調べられた言葉を発表。1位は「進捗(しんちょく)」、2位は「瑕疵(かし)」、3位は「遵守(じゅんしゅ)」という結果になった。

[ITmedia]

 小学館の国語辞典『大辞泉』編集部は5月18日、「日本人がネット辞書で調べた言葉」ランキングを発表した。

 今回のランキングは、ネット事典サイト「kotobank」における過去1年分のアクセスデータを集計・分析したもの。調査期間は2012年4月1日〜2013年3月31日で、サイトのページビュー数を基に二字熟語のみを抽出して作成している。

 これによると、1位は「進捗(しんちょく)」、2位は「瑕疵(かし)」、3位は「遵守(じゅんしゅ)」となった。以下「謹啓(きんけい)」「留意(りゅうい)」「約款(やっかん)」「寸志(すんし)」「邁進(まいしん)」「意義(いぎ)」「出自(しゅつじ)」と続く。

 また、大辞泉の特長や展開事例、関連した著名人のメッセージ、最新ニュースなどを閲覧できる公式Webサイトをオープン。さらにFacebookページでは、2000円分の図書カードが当たる謎解きキャンペーンも5月16日〜5月31日にかけて開催する。総項目数26万語以上、1万2000点の画像を収録した無料のiOS版アプリ「大辞泉」はまもなくリリース予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる