ニュース
» 2013年05月01日 23時10分 UPDATE

スキャン代行サービス「50SCANNER」運営者が逮捕、同一データ流用か

スキャン代行サービスを手掛ける「50SCANNER」の運営者が著作権法違反(譲渡権の侵害)の疑いで逮捕された。スキャン代行サービスそのものではなく、データの流用が疑われてのもの。

[西尾泰三,ITmedia]
tnfig50s.jpg 逮捕された容疑者が運営していた「50SCANNER」

 長崎県警は5月1日、神奈川県の20代男性を著作権法違反(譲渡権の侵害)の疑いで逮捕したことを報道資料で明らかにした。漫画家空知英秋さんの「銀魂(ぎんたま)」45巻分の電子データを記録したDVD1枚を東京都内の40代会社員に1万円で販売した疑い。

 この報道資料はWeb上ではその詳細が確認できなかったため、長崎県警察本部生活安全部生活環境課サイバー犯罪対策係に電話で問い合わせたところ、確かにその発表が行われていることを確認できた。

 逮捕された容疑者は紙書籍の裁断・データ化をユーザーに代わって行うスキャン代行サービス「50SCANNER」を運営。スキャン代行サービスについては、これが著作権侵害に当たるかは現行の著作権法上グレーな扱いとなっている。しかし、著作権者からの訴えで、複数のスキャン代行業者を相手取って民事裁判が行われており、早ければこの夏にも何らかの判決が下る見通しとなっている。

 今回の逮捕はスキャン代行サービスそのものではなく、50SCANNERがサービスメニューとして用意していた「大人買い電子化サービス」についてのもの。これは、ユーザーからの書籍送付を受けることなく、紙書籍の購入からデータ化までを業者側で行うというもので、ユーザーはデータだけをダウンロードまたはデータを収録したDVDで受け取ることができるという触れ込みのもの。

 ここで注目すべきは、本来ならユーザーからの注文を受けた後に電子化されるはずのものが、業者が能動的に、かつ、取り扱い可能な作品を限定した形でサービスを提供していること(ユーザーからの注文に応じてスキャン代行を行っているのであればこれは不自然だ)。同社サイトには「銀魂」45巻セットをはじめ多数の作品が並べられており、「本年度中に100タイトル以上を揃える予定」とうたわれていることから考えても、実際には都度紙書籍を仕入れてスキャン代行しているのではなく、同一のデータを不特定多数に販売しているのだとみられ、それが今回の逮捕につながったと推測できる。

 今回の逮捕はスキャン代行サービスとは切り離して考えるべき著作権侵害事案だが、スキャン代行サービスについて回るデータの不正流出の懸念を際立たせるものになりそうだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる