連載
» 2013年04月26日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ1冊目:メイド教作りもはじめの一歩から『完全教祖マニュアル』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。連載1回目は私設図書館シャッツキステの総メイド長が登場。総メイド長の野望は「メイド教」の教祖になること……?

[ITmedia]
wmfigschatz02.jpg

 この街の片隅に、メイドが営む私設図書館がありました。そこには書架を守る司書がいます。

 ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドたちもいるようです……。

 密かに好感度を上げて、年に一度行われる本の展覧会にミソノさんとご一緒できるよう、お気に入りの一冊を持って、今日も書架にメイドがやってきました。

メイド教作りもはじめの一歩から『完全教祖マニュアル』

エリス

……ミソノさん、“教祖”になりたいと思ったことありませんか?


ミソノ

え、エリスさんいきなりどうしたんですか?

何かお告げでもあったのですか?


エリス

 さっきの質問はいきなりだったので、問い直しますわ。こう思ったことはありませんか? ニュースで「100円くらいの壺を“仏の御利益がある”として、10万円で売り、荒稼ぎ!」みたいな報道があると、「ああ、何だか新興宗教って怖そうね」と思いながらも、なぜそんなにアヤシゲなうたい文句に膨大なお金をつぎ込む人がいるのか、心酔する人がいるのかしらと。不思議だわ、と。そして心のどこかで、「ちょっと羨ましい」とッ!!

 私は羨ましいっ! 私がどんなに奇想天外なことを言っても、すべてのメイドたちが私にひれ伏し、何でも言うことを聞く世界。素晴らしいではありませんか。私もそんな存在になってみたいわっ! でもそんな夢に思いを馳せるときにいつも不思議に思っていたのです。心酔するほどのカリスマ性を発揮するには、奇想天外さが必要そうだけれど、いきなり奇想天外なことを言われたら、引かれてしまうのでは? 世界中の人が言うことを聞いてくれるどころか、最初の1人の心さえつかめる気がしない……。

完全教祖マニュアル 『完全教祖マニュアル』(架神恭介・辰巳一世著/筑摩書房)

 そんな積年の疑問に答えをくれたのがこの本『完全教祖マニュアル』です! その名の通り、教祖になりたい私のような人のためのマニュアル本です。とても読みやすい語り口調のような文体で、教祖となるまでのHOWTOを書いてくれています。「5分で分かる! 起業したい人のための10のステップ」みたいなビジネス書のごとく、MY宗教の教義の作り方→最初の信者の付け方→人の増やし方→組織に育てるまで方法が、順を追って丁寧に書かれていますの。

 教祖になりたい人にはぜひぜひ読んでほしい1冊ですが、それだけでなく、そもそも宗教は私たちの生活にどのように関わっているのか、日本人はなぜ宗教(特に新興宗教)に抵抗感があるのか? などを考えるきっかけもくれる本です。なので、何となく宗教が怖くて遠ざけていた人、にもオススメの本なのです。

 私が偉大なるメイド教の教祖になる、きっかけをくれたこの素晴らしい本。ぜひ多くの人に読んでもらいたいと思って持ってきました!

ミソノ

とても面白そうな本ですね。

これを読んだら、図書館にも教祖さんいっぱい増えそうですねー。

エリス

……はっ!(驚)

みんなが教祖さまになったら、メイド教の信者となる人がいなくなっ……ごめんなさい、やっぱりこの本は持って帰ります!

ミソノ

あらあらー。でもこの本、あとがきの「信仰」についての筆者なりの捉え方、を読んでから、全体を読んでみても面白いかもしれませんねー。

そもそも何のために宗教が存在するのか、客観的にかつ分かりやすく書かれていて面白いですね。


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:5% レイラ:0% サヤ:0%



本日のメイド

エリス エリス:ちょっぴりドジなお姉さま?! シャッツの総メイド長。黒髪ロングがそろそろ膝に達しそう。好きなジャンル:ホラー、古代文明、イラスト、ビジネス書、少年マンガ
ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる