ニュース
» 2013年04月04日 14時00分 UPDATE

BookPlaceも自社運営で新たに立ち上げ:東芝、電子書籍リーダー端末「BookPlace MONO」を発表

東芝が電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー端末「BookPlace MONO」を発表。書店との連携を図るとともに、電子書店を自社運営でリスタートする。

[西尾泰三,ITmedia]

 東芝は4月4日、E Ink電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー端末「BookPlace MONO」を発表。併せて、BookLiveのシステムを利用して構築していた電子書店「BookPlace Cloud Innovations」を自社で運営する形で新たに同日から立ち上げた。BookPlace MONOの発売は4月中旬を予定している。

BookPlace MONO

BookPlace MONO BookPlace MONO

 BookPlace MONOは6インチ(758×1024ドット)のE Ink電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー端末。スペックは以下の通りで、突出したスペックではないが、他社の電子書籍リーダーでは省かれる傾向にあるヘッドフォンジャックが搭載されているのが目を引く。

 同社によると、今夏をめどに同社独自の音声合成機能「TOSHIBA Speech Synthesis」を活用した音声読み上げ機能を提供する予定という。


サイズ(※最厚部) 110(幅)×170(高さ)×11ミリ(奥行き)
重量 約180グラム
画面サイズ 6インチ(758×1024ドット)
CPU Freescale i.MX508(800MHz)
メモリ 512Mバイト
内蔵ストレージ 4Gバイト(ソフトウェア占有量約1.2Gバイト)
通信方式 IEEE802.11b/g/n
メモリカードスロット microSD/microSDHC
バッテリー持続時間(メーカー公称値) 約8000ページめくり
インタフェース USB(microB)、ヘッドフォンジャック
BookPlace MONO基本スペック

tnfigbm1.jpg 画面下部はクーポンなどの表示個所。「行きつけ書店」は身近なリアル書店の店舗情報を表示する
tnfigbm2.jpg ビューワ画面

 販売は大きく分けて「提携書店での展示販売」「東芝のネット直販」で行われ、それぞれ特徴がある。提携書店での展示販売は、中堅書店チェーンの「リブロ」のほか、平和堂子会社でTSUTAYAのフランチャイズなどを手掛ける「ダイレクト・ショップ」、静岡県を中心に展開している「戸田書店」でまず取り扱い、全国106店舗で販売する。リーダー端末とデジタル図書券3万円(1万円×3枚)のセットで販売され、価格は3万円。つまり、実質的には図書券を購入すると端末が付いてくるような形だ。このデジタル図書券は友人などに渡すことも可能。また、書店店頭でクーポン番号入りのクーポンを配布、会員登録で300ポイントが付与される取り組みも行う。なお、家電量販店での販売は行わない。

 一方、ネット直販は端末とコミックのセット販売。約50作品の中からセットにするコミックを選ぶことができるようになっている。例えば『静かなるドン』は20巻まで、『ベルセルク』は15巻までといったように、8000円前後の価格に相当する巻数でのセットとなり、最大3作品のセット販売となっている。それぞれの販売価格は以下の通り。コミックセットは7月31日までの動向を見ながら第2弾を検討するという。

名称 価格
名作どれでも1セット+BookPlace MONO 13900円9800円(5月10日まで)
名作どれでも1セット+BookPlace MONO 19800円
名作どれでも1セット+BookPlace MONO 24900円
3万ポイント+BookPlace MONO 3万円
ネット直販でのBookPlace MONO価格

電子書店「BookPlace」はどうなる?

 これまで、同社の電子書店「BookPlace」(BookPlace powered by BookLive!)は、BookLiveのシステムを利用する形で提供されてきたが、今回新たに自社独自で新BookPlaceを立ち上げる。これにより、ユーザーデータなどを活用したより自由度の高いストア運営が可能になるとみられる。

 前者は名称を「BookLive! for Toshibaストア」に変更して引き続き運営されるが、新たにオープンしたBookPlaceとの互換性はない。なお、東芝はBookPlace powered by BookLive!の専用端末として7インチタブレット「BookPlace DB50」を販売しているが、こちらも引き続きBookPlace powered by BookLive!の専用端末という位置づけとなる。夏モデル以降の東芝製品にはBookPlaceアプリがプリインストールされる予定。

 4月4日にオープンしたBookPlaceで配信される電子書籍(EPUB、XMDF)は、BookPlace MONOのほか、Android、iOS、PC(5月以降)で読むことができ、登録端末台数は5台となる。

tnfigapp1.gif
tnfigapp2.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる