ニュース
» 2013年03月11日 13時00分 UPDATE

震災以降の原発20キロ圏内の記録を収めた『DESERTED 人の住めない場所』

電子書籍専門出版社エレファントブックスから谷内俊文氏による「警戒区域内」の記録を収めた電子書籍写真集『DESERTED 人の住めない場所』がKindleストアでリリースされた。

[渡辺まりか,ITmedia]
wmfig009.jpg

 東日本大震災から2年経った3月11日、エレファントブックスは谷内俊文氏による電子書籍写真集『DESERTED 人の住めない場所』を電子書籍第2弾としてリリースした。通常価格は450円だが現在は発売記念価格として300円で販売。

 同写真集は2011年4月15日以降、福島第一原発20キロ圏内(警戒区域)の”日常”を谷内氏が撮りためてきた約100点の記録を収めたもの。谷内氏は雑誌や広告を中心に活躍しており、2006年にはドイツ・ライカ社の本社ギャラリーで写真集を開催するなど、ライカも認める実力派で、同写真集は写真解説を日英二か国語で表記し、世界10カ国のアマゾンKindleストアで販売される。


wmfig009-1.jpg
wmfig009-2.jpg 収録写真の一例

 なお、掲載されている写真は新宿区にある経王寺で3月24日まで展示される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる