ニュース
» 2013年03月07日 11時34分 UPDATE

講談社「プロジェクト・アマテラス」からデジタルネイティブ作家の電子書籍が登場

講談社が運営する読者参加型の投稿サイト「プロジェクト・アマテラス」から、デジタルネイティブの作者による電子書籍『コネクトプラス』が登場。

[エースラッシュ,ITmedia]
Photo 電子書籍『コネクトプラス』

 講談社は3月6日、運営する読者参加型の投稿サイト「プロジェクト・アマテラス」から、電子書籍『コネクトプラス』(著者:ログストック)をリリースした。価格は500円。

 コネクトプラスは、プロジェクト「設定しようぜ!」から誕生した作品。「22世紀の日本。整備士とアンドロイドが紡ぎだす物語」という設定およびイラストから作品制作がスタートしたプロジェクトで、著者は生まれた時からインターネットがある環境で育った「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代だ。


PhotoPhotoPhoto 本文イメージ

 そのため、横書きや小説内にカラーの4コマ挿入をはじめ、新キャラクターの登場に合わせてイラストと設定が登場するなど、電子書籍であることを最大限に活かした作風が特長。カラーページは計86ページに渡るという。

 配信はAmazonのKindleストアほか、さまざまな電子書店で開始している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる