連載
» 2012年12月17日 13時40分 UPDATE

出版業界ニュースフラッシュ 2012年12月第3週

出版業界で起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。先週は国立国会図書館がデジタル化した資料を2014年から図書館に限定送信することに合意したことなどが話題になりました。そのほかのニュースダイジェストと合わせてどうぞ。

[新文化通信社]
新文化通信社

国立国会図書館、デジタル化資料の図書館への限定送信を再来年から開始へ

 12月10日、国立国会図書館と書協・雑協・日本文藝家協会などの関係者協議会は、国会図書館のデジタル化資料の図書館などへの限定送信に関して合意した。来年1月から送信資料の調査やシステム整備を行い、2014年に運用を開始する予定。

 送信対象候補は、1.図書=戦前の資料と現在一般市場で入手困難な戦後の資料(漫画は取扱いを保留)、2.雑誌=官庁が出版する雑誌や、著作権管理事業者により著作権が管理されていない資料(商業出版に関わる資料は取り扱いを保留)、3.博士論文=出版されていないものなど。

 現在、国会図書館は所蔵資料のうち216万5000冊をデジタル化済み。今回、送信対象となるのはそのうち入手困難な資料に限定する。そのため、入手可能性調査を実施し、調査後にタイトルなどを公表。当該資料が流通している場合や出版計画がある場合には、出版者らは除外を申し出ることができる。

 今回の件に関して、業界関係者の中には「今後、送信対象範囲の拡大の方向へ世論が傾くことも想定される」と懸念する向きもある。

日販、プレジデント社のレシピムックを独占販売へ

 12月15日、プレジデント社のムック『dancyu 何度でもつくりたい絶品おかず438レシピ』(本体933円)を、書店・CVSで独占販売する。対象書店はパートナーズ契約・MPD契約店の2100店、契約店以外の1900店、CVS。書店のインセンティブは本体価格の12%で、発売後6カ月間、増売に取り組む。

 同ムックは、2009年11月発売の「dancyu 何度でもつくりたい絶品おかず365レシピ」を大型化し、73のレシピを加えたリメイク版。既刊の優良コンテンツを再活用し、書店に積極販売してもらう狙いから今回の取り組みに至ったという。

文春新書「聞く力」、今年最初のミリオンに

 12月10日に25刷・15万部の重版を決め、累計100万部に到達した。出来日は23刷分の3万部が12月13日、24刷分の5万部が同17日、25刷分の15万部が同21日。

 同3日に発表された大手取次2社の「年間ベストセラー」1位になり、書店注文が加速した。営業局の濱宏行局長は「1日1万部のペースで売れている。年末の新聞広告も展開し、さらなる拡売を見込んでいる」と話している。

 同社のミリオンセラーは「されどわれらが日々」(1964年刊・106万部)、「塀の中の懲りない面々」(86年刊、103万部)、「マディソン郡の橋」(93年刊・256万部)に次いで4点目。

Copyright 2015 新文化通信社 All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる